不動産の売却活動とはどういったものか

不動産の売却を不動産会社に依頼すると、不動産会社は買い手を探すために「売却活動」を始めます。では具体的に「売却活動」とは何なのでしょうか。不動産が売れるために依頼した会社はどういったことをしてくれるのか、詳しく見ていきましょう。

売却活動の種類

不動産の売り出しを開始すると、不動産会社は売却活動を始めます。売り出した不動産の購入を希望する買い手をすぐに見つけることは困難であるといえます。そのため、不動産会社は、売却活動によってどれだけ多くの購入検討者に売り出した不動産の情報を知ってもらうことができるかが非常に重要となってくるのです。

レインズ (指定流通機構)への登録
不動産会社は媒介契約に基づいて、レインズ(指定流通機構)という国交省が指定したネットワークシステムに不動産情報を登録します。このレインズには全国の不動産会社が加入しているため、沢山の購入検討者を探すことが可能になります。

○ポータルサイトへの掲載
上記のレインズは、不動産会社しか閲覧できないシステムのため、一般の購入検討者が直接不動産の情報を見ることはできません。そこで、不動産会社は物件掲載型のポータルサイトに物件情報を掲載し、購入検討者が直接不動産の情報を調べられるようにします。

○新聞の折込みチラシや住宅情報誌への掲載 売却活動
より沢山の購入検討者に物件の情報を知ってもらうために定期的に行うことがあります。不動産の購入検討者は様々な媒体から情報を収集している場合が多く、こういった紙媒体の広告も非常に有効な手段です。
 
○周辺地域へのポスティング
近隣の家にチラシを配布することで、購入希望者を探します。これは不動産会社の営業マン自らが行うケースが多く、こういった「足で稼ぐ」売却活動が売買制約に結び付くケースは珍しくありません。

○オープンハウス 
売り出した不動産を誰でも気軽に見に来てもらうためのイベントです。オープンハウスは基本的に事前の予約や手続きが不要で見に行けるので、購入検討者にとってはわずらわしさもなく、不動産を見ることができます。

スマイスター編集部より

これらが主な売却活動です。売却活動の方法は不動産会社によってさまざまで、これ以外にもその会社独自のサービスやネットワークを使ったものなどがあります。 また、どれほど売却活動を行っても反響が少なかったり成約まで結びつかない場合は、定期的に売却活動を見直す必要があります。

一般媒介契約で不動産会社と媒介契約を結んだ場合、不動産会社は売主に売却活動の報告をする義務はありません。そのため、あまり効果のない売却活動が長期的に行われることもあることがあります。そういたことがないように、売主は気になったことがあれば随時売却活動の報告を受けるように求め、効果的な売却活動を模索していきましょう。