宅地建物取引業の免許番号とは?

不動産業者には様々な特徴をもつ会社があります。多数の店舗を構えてネットワークを活用した情報を提供する強みを持っているところ。地域に密着して地域情報に精通しているところ。不動産業者を選定する際に悩んでしまうこともあるかと思いますが、インターネットや事務所で不動産業者を調べていると「宅地建物取引業者免許」に触れたことがある方もいると思います。

この「宅地建物取引業者免許」の表記には一定の規則があり、免許番号から不動産業者の一定の規模や経験を図ることができます。宅地建物取引免許について説明します。

宅地業免許番号の解説

宅地業免許番号とは、不動産業者が宅地建物取引業を行う免許を受けた際に、与えられる番号のことを言います。

「宅地業免許番号」はホームページ上や事務所の見やすいところに免許事項を表示(掲示)することが義務付けられています。この標識は「国土交通省免許(○○)??号」「東京都知事免許(○○)??号」と表記されています。

「国土交通省免許(○○)??号」と表記されているものは複数の都道府県に事務所を構える不動産業者に与えられる免許、「東京都知事免許(○○)??号」と表記されるのは1つの都道府県に事務所を構える不動産業者に与えられる免許となっています。カッコ内の数字は免許の更新回数を示しています。更新は平成8年度以降は5年に1度となり、それ以前は3年に1度となっていました。

大手の不動産業者は免許発行の主体が国土交通省になっていたり、宅地建物取引業者の免許番号の表記されている免許更新が多い不動産業者は営業歴が長く、経験を有すると言えます。しかしながら、免許発行主体が国土交通省だったり、更新回数が多いからといって必ずしも優良な不動産業者ということではありません。更新回数が多くても、社員が全員入れ替わって知識のない場合や、更新回数は少ないものの大手でなくても地元に強く、オーナーとの付き合いが長く仲が良かったり融通が利く不動産業者や営業歴が浅くても知識の豊富な不動産業者もあります。
不動産会社のオフィス
「宅地建物取引業者免許」は運転免許証に似ているところがあります。ゴールド免許だからといって事故を起こさず安心というわけではありません。運転をしないペーパードライバーの方も更新をすればゴールド免許を保有しています。一方で免許証の取得は浅いものの運転機会が多く、運転のうまいドライバーもいます。
 
宅地建物取引業の免許番号は必ず表示されているので、営業年数を知ることができます。不動産業者を選択する際の参考とすることをオススメいたします。不動産において不動産業者の選定はとても重要です。1つの不動産業者で決めるのではなく、複数の不動産業者に依頼をし、面談をした上で、ご自身に合う不動産業者を選定するとよいでしょう。