マンションを売却するのにかかる期間はどの位か

手持ちのマンションを売却したいと考えている方へ、マンション売却にかかる期間と売却までの大まかな流れをご説明いたします。

特に最近、土地の相続税を節税するためにマンションを建設して貸家立付地とするとともに、貸家による評価減を行って、納税額の大幅な節約を行う方も増えています。
このような事情でマンションを相続するケースが増加しているため、マンションを売却したいという希望をお持ちの方も多いのではないでしょうか。

マンションを売りたいと思ったらどうすればいいの?

マンションを売り払うために自分で広告を出し、契約者を探し出すというプロセスも考えられますが、自分の仕事をしながら同時並行で行うのは並大抵の労力ではなく、あまり現実的な方法とは言えません。

したがって、通常は仲介業者を通して買い手を探し出すことになります。
マンションを売却したいと思ったら、まずは仲介業者との契約を行いましょう。

マンションを売却するまでにかかる期間の目安は?

マンション売却のための仲介業者との契約形態には、主に一般媒介契約・専任媒介契約・専属専任媒介契約の3つがあります。

いずれの場合も契約は3か月で満期となります。
よって、マンションの売却は一般的には3か月以内に買い手が見つかる状況まで持っていけると考えてよいでしょう。

注意すべきは、最近は新築マンションが選ばれる傾向が強いことです。
建築から長い年月が経っていると、なかなか買い手が見つかりにくいという場合もあります。

ただ、このような場合でもマンションはおおよそ1年程度あれば売れると言われています。
その場合、仲介業者との契約を更新するか、別の業者と契約しなおすかすることになります。

なお、それぞれの契約形態の特徴は以下の通りです。

・一般媒介契約
複数の業者と契約を結ぶことができるが、その業者名を明示する必要があり、明示していない業者を通して売買契約が成立すれば違約金を支払う必要がある。

・専任媒介契約
あるひとつの業者とのみしか契約できない。
その他の業者と契約、売買契約が成立すれば違約金を支払う必要がある。
しかし、2週間に1回状況報告をしてもらえる。

・専属専任媒介契約
基本は専任媒介契約と同じだが、状況報告を1週間に1回してもらえる。

マンションの売却から入居までの流れと期間

マンションを売却しようと決めたら、まずは販売価格を決めることになります。
マンションの販売価格は複数の業者に依頼して、査定してもらうことをおすすめします。

一般媒介契約は複数の業者に買い手を探してもらえるメリットがある反面、業者側からしてみれば、「自分が買い手を探してもお客さんは別の業者と売買契約を結んでしまうかもしれない」という考えから、あまり積極的に動いてもらえない可能性もあります。

したがって、専任媒介契約または専属専任媒介契約がおすすめです。
これらの契約では売買契約が成立すると、業者に手数料が確実に入りますので、業者の仕事も積極的になります。
また、定期的な状況報告を知ることができるメリットもあります。

仲介業者を通して買い手が見つかったら、その買い手と契約を結んで売却完了です。

先述したように、売却活動を開始してから買い手が決定し売買契約を締結するまでの期間が1か月~3か月かかります。
契約締結をしてから物件引き渡しまでには、そこからさらに1.5か月~2か月程度みておく必要があり、売却活動がすべて完了するまでには早く見積もっても半年は見ておくとよいでしょう。