賃貸管理とは何か

そもそも賃貸という言葉は、「賃料を受領して、物を相手方に貸すこと」を指します。不動産でいうと、購入した物件を入居希望する人に貸すことにより、その賃料から利益を得ることがそれにあたります。では賃貸管理とは具体的にどういったものなのでしょうか?

賃貸契約の流れ

不動産を賃貸にするためには、まずは「賃貸契約」をする必要があります。賃貸契約とはオーナーと入居者が結ぶ契約です。入居者の募集は不動産業者(管理会社)により行われることが一般的です。分かりやすくいえば、所有物件を不動産業者(管理会社)に任せて、入居者募集の広告などを出してもらうのです。そのためには、オーナーは不動産業者(管理会社)を選び、媒介契約を結ばなければなりません。

媒介契約を締結したら、不動産業者の紹介で入居者も効率よく集まるようになります。こうなると「賃貸管理」の必要性が大きくなってきます。部屋の数がそんなに多くなければまだしも、1棟のアパート・マンションでの賃貸を考えてみると、管理が問題になってくることは明白です。

賃貸管理

賃貸管理とは何か02「賃貸管理」とは賃貸しているアパートやマンションなどの物件を管理する業務を指します。賃貸管理には、建物の清掃や補修などの物件管理と、賃料の集計や滞納の催促などの種類があります。これらは一般的に不動産業者に委託されることがほとんどです。オーナーと管理契約を結ぶことにより、賃貸管理を請け負います。それに加えて、退去後のリフォーム工事を手配なども行います。

 これらの管理業務を分かりやすく分類してみると、入居者募集業務、入居審査業務、賃貸借契約業務、更新業務、賃料集金清算業務、苦情処理業務、退去立会い業務、営繕業務などがあります。

これらの賃貸管理が円滑にできている物件ほど、空室が少なく、しっかり収益を得ることが可能です。しかし、賃貸管理というのはトラブルも多く、思い通りにならないこともほとんどです。賃貸管理の主なトラブルにはどのようなことがあるでしょうか。

家賃の滞納

入居者が賃料を決められた期間内に支払わず、滞納している状態を指します。この場合、入居者に対し賃料の支払いを促さなければなりません。

物件に関するトラブル

水漏れ、物件の毀損などが典型的な例です。特に、深夜に水道のトラブルや水漏れでもあったら、本当に困ったものです。

入居者のクレーム、ゴミ出しマナー、騒音などのトラブル

退去時の清算、退去後の清掃

入居者が退去する時の敷金の清算であったり、その後の清掃も必要になります。
このようなトラブルを事前に防止するためにでも、賃貸管理は必要です。

スマイスター編集部より
建物の品質を維持するため、賃貸管理は無視できません。管理業務を行う不動産業者を選ぶ際も、慎重になるべきでしょう。

ここでの不動産業者を判断する重要ポイントは、しっかり実績が確認できる業者であるのか、入居者の募集だけではなく、審査も細かく行っているのか等を確認することです。滞納の見込みがない入居者を最初から募集すると安心でしょう。ホームページが整っていて、知名度がある会社だからといって良い会社とは限りません。

大事な資産である物件だからこそ、たくさんの業者と話し合ってみて判断することが、空室を減らし収益を得られる近道なのです。