賃貸管理の業務の中で必ず必要となるのは家賃の徴収です。家賃を支払うことを条件に人を住まわせているので、家賃の徴収は厳格に行われるべきです。また、入居している人からの家賃がそのまま家賃収入に繋がることになります。したがって、賃貸管理において最も重要な業務です。管理者側から見ると、家賃をきちんと支払っている人は良い入居者であり、家賃の支払いの滞納や支払わない人は悪い入居者です。できるだけ良い入居者だけを住まわせることによって、家賃収入が安定するようになります。
家賃の徴収はオーナー自身が行うよりも、不動産会社からの管理人に仲介してもらう方がスムーズに進むケースが多いです。賃貸管理の委託を請け負っている会社からの管理人は賃貸管理に関わる業務のプロです。そのため、家賃の徴収をスムーズに行なってくれます。家賃の徴収はお金が関わることですから、トラブルが生じやすいです。なるべくトラブルを避けるための方法として管理人に仲介してもらうことは有効な方法となります。