リロケーションとは転勤等で一時的に持家を空けるときに、期間を区切って賃貸借することを指します。2000年から施行された借地借家法によって、日本でもリロケーションができるようになりました。リロケーションができるようになったメリットは、将来の転勤を心配して家を購入できなかった人でも家を購入できるようになったことです。
このように便利なリロケーションですが、問題点もあります。それは、賃貸契約をする期間が決まっていて期間の更新ができないために、借り手は契約期間が終わる前に次の借家を探す必要があるので敬遠する場合があり、通常の賃貸物件と比べて借り手を見つけるのが難しいといった問題があります。
このような問題点を解決するために、家賃保証のリロケーション契約を不動産屋と結び方法があります。家賃保証の契約では、リロケーション期間中に借り手が見つかっても見つからなくても、契約で定めた金額を不動産屋から受け取ることができますし、持家の管理を不動産屋にまかせることができるメリットがあります。