最近では、アパート管理を個人でやっている方は少なくなってきました。個人で管理する場合には一般的に大家さんと呼ばれ、昔はアパートで一緒に住んでいたり隣の建物や近所に住んでいたりすることも多くありました。

今のアパート管理の主流は個人の大家さんではなく、大家さんが管理会社にアパート管理を委託する方法です。

住人とのトラブルが起こった際に個人で解決するよりも、アパート管理会社に解決を頼む方が大きなトラブルに発展しにくいためです。入居時に信用ができる人なのかの審査をしていても家賃を滞納しないとも限りませんし、空室状態が続くのも困ってしまいます。管理会社に委託すれば住民とのトラブルにも対応してもらえるほか、メンテナンスや入居者の募集もしてくれるので負担が少なくてすみます。

昔ながらのアパートは大家さんが近くに住んでいるところもまだあるかもしれませんが、新しいところはアパート管理会社がすべて引き受けていて入居希望者もそれを望む傾向があります。