任意売却のメリット

住宅を購入してローンを組んだものの収入の減少、離婚や病気などの理由で住宅購入時と生活が変わり住宅ローンの返済が困難になってしまうといったことは誰にでも起こりうることです。住宅ローンの返済が滞った場合に解決策としていくつかの方法があります。
その一つに任意売却というものがあります。ここでは任意売却する際のメリットについて説明します。

市場相場に近い価格で売却できる

任意売却は一般的な不動産取引と同様にとなるので、市場相場と同等の相場で売却することが期待できます。高い価格で売却できることで結果として債権者への多額の返済が可能となり、残債が減ることとなります。

他人に知られないで売却ができる

任意売却は通常の不動産売却と同じ販売活動をするので、任意売却が理由で売却されていることが近所の方や知り合いに知られることがありません。
ただし、チラシによる買主募集や内覧などはおこなわれるため、売却活動をしていることは知られると考えておいたほうが良いでしょう。

諸費用が掛からない

通常、不動産売却には仲介手数料、登記料や抵当権抹消費用などが売却額の3~5%掛かってきますが、任意売却の場合は売却した金額から支払うことが認められています。

以下のようなものが費用となります。

  • 仲介手数料
  • 抵当権抹消費用
  • 滞納税金
  • マンションの滞納管理費・修繕積立金

残債は分割返済できる

任売高層ビル
売却後に残ってしまった残債は、債権者(住宅金融公庫や金融機関)と協議して無理のない範囲内で分割返済ができます。当然これまでと同じ条件で支払いを継続することは難しいことは債権者もわかっておりますので、考慮してもらえる可能性があります。
※1ヶ月の返済額が5,000円~30,000円程度になることが多いようです。

今の家に住み続けることができる可能性がある

もちろん全てのケースではありませんが、例えば身内の方や、理解のある投資家の方に買い取ってもらい、売却した物件に賃貸として住むといったことも考えられます。

引越し代をもらえる可能性がある

不動産の売却費用を売却額の中から支払うことができると、上記にて説明しましたが、
この他にも債権者との交渉に次第で20万円程度の引越し費用を融通してもらえる可能性があります。すでに引越しが完了していたり、債権者が想定していた金額よりも売却額が大きく下回った場合などは対象外になることがあります。

自分の意志で売却できる

通常の不動産取引と同様のため、売却の時期や金額について決めることができます。
同様に、引越しの時期についても調整ができるため、時間の余裕を持って計画的に進めることが可能です。

任意売却にはさまざまな理由があると思いますが、金銭的な課題がある方が多いはずです。任意売却は諸費用の免除や引越し代の優遇の可能性など金銭的な負担を軽減することが期待できますので、専門家に相談するなどして売却後の生活負担を減らす最適な方法を見つけましょう。