物件の情報は雑誌やインターネットと、色々なところで開示されています。そんな中で任意売却の物件はどれくらい情報が開示されているのでしょうか。結論を言うとあまり公開されていません。売主が自分から売りたいと不動産会社に申し出ているのが任意売却の特徴です。不動産会社は査定を行って適正価格のアドバイスを行っていきますが、安い値段で買い取れる反面、即現金化しないといけない時もあります。情報の開示については、売主の条件もついていきます。これによって情報提供できる内容が絞られてくるのです。マイホームを残したいと思っている方は任意売却をする方にはあまりいません。その結果管理体制も煩雑になっていることがあるのです。情報開示もずさんになってしまうことがあるので、信頼性の高い不動産会社を選んでいかないといけません。競売よりも情報量が時に少なくなることがあるでしょう。しかし、希望にあった物件が任意売却しているものから見つかるかもしれません。