任意売却の相談件数は、全国的に増えていると考えても差し支えないでしょう。つまり、実際に売買契約が成立している件数も一時期よりもだいぶ増えたことでしょうし、売られている件数も増えているという意味です。購入する人たちが増えている理由は、単に売られている件数が多いからだけではありません。
それ以外にも、買う側にとって利点があるからです。いちばん有力な点となっているのは、比較的安価で買えるチャンスが多いという点でしょう。しかし、いいことずくめということではありません。任意売却で売りに出される物件に共通している弱点も探せば出てきます。たとえば、急いで売りに出されるという傾向が強いです。その結果、物件の管理が行き届いていないことがあります。また、修繕やメンテナンスを目的として、コストが高くつくこともあるのです。また、売主のために引っ越しの費用を捻出してあげることもあります。広い視点で物件を眺める姿勢を持ったほうがいいです。