一戸建てやマンションを購入するには、普通は住宅ローンを組むことになります。住宅ローンによって、不動産を購入することができるぐらいの大金を借りることができます。ただし、借りたものはきっちりと返す必要があります。住宅ローンで借りる額はかなり大きなお金になるので、それを毎月ちょっとずつ返していくことになります。無事完済することができればやっと落ち着いた気持ちになることができます。ただし、完済をした後にもやらなければいけないことはあります。やるべきことのポイントについて説明をします。
お金を借りる時は通常は担保を渡すことになります。住宅ローンの担保となるのは、不動産です。不動産に抵当権が付けられることになります。これにより、ローンの返済に失敗してしまった場合は、取引先の金融会社は不動産を売却することができます。この抵当権は、ローンを完済した後は不要になります。速やかに抵当権を抹消する手続きをやりましょう。