住宅ローンは色々な事柄が関わってくるのでしっかりと確認をしておく必要があります。そうしないと自分が損をしてしまう結果になる可能性があります。マンションを買う時には、住宅ローンを組むことになるのが一般的です。住宅ローンを組む手続きはそれほど複雑なことはありません。ただし、ローンを組むためにはマンションが担保となってしまうので気をつけておくことが大切です。ローンを返済できなければ、マンションが金融機関の手に渡ることになります。
マンションはいつまでも担保になっているわけではありません。ローンが完済すれば、担保は必要なくなります。その時には、抵当権を抹消するにあたって登記をする必要があります。金融機関からはそのための指示が出るわけではないので、自分で手続をしないといけません。ローンを返済し終わった時は安心した気持ちになり、登記をするのを忘れてしまうことが多いので注意してください。登記によって担保では無くなるので安心できます。