マンションを購入する時には、資金を用意しなければいけません。普通は、金融機関と取引をして、融資を受けることになります。これが住宅ローンです。そして、住宅ローンを返済していくわけなのですが、途中で返済をすることができない方もいます。そのような場合のために、金融機関はマンションを担保とします。金融機関は抵当権を得ることになり、返済が滞っている場合はマンションを競売にかけるという措置ができます。これによって、お金を融資する際のリスクを減らしているのです。
抵当権は当然ローンを全て完済してしまえば必要はなくなってしまいます。そこで、ローンを完済した時は、忘れずに抵当権の抹消を行いましょう。抵当権を抹消することによって、初めてマンションが自分の所有物となります。抵当権の抹消は金融機関の方が手続きをするわけではなくて、本人が行う必要があります。必要な書類を作成して、手続きを行えば抵当権の抹消は完了します。ローン完済時には注意をしてください。