新築で住宅を建築する場合に銀行で融資を受けるといった事はよくある事です。住宅のような不動産物件は基本的に高額となる事が多いのですが、銀行やその他の金融機関でお金を借りるというのは今では当然の事のように行われています。
銀行では住宅ローンを商品として扱っていますが、その住宅ローンを契約する際に火災保険も契約する事が多いです。銀行側から勧められるままに火災保険の契約をしたという方も多いかと考えられますが、火災保険は住宅ローンを契約した銀行で必ず契約、加入しなくてはいけないという事はありません。
そういう風潮があるのは確かで、事実住宅ローンの契約をした際に同時に火災保険に入るという事はよくある事ですが、ここを勘違いしてしまっている人は意外に多いです。住宅ローンのような金融商品を扱う銀行が火災保険への加入を条件に融資を行うという事は保険業法で禁止された抱き合わせ販売とみなされます。認められてはいません。