賃貸併用住宅の建築会社(工務店・ハウスメーカー)の選び方

これから賃貸併用住宅を建てようとしているオーナーの方の中には、どこに建築を依頼しようかと考えている方もいらっしゃるのではないでしょうか。
まずは工務店とハウスメーカー、その違いを知ることからはじめましょう。

信頼できる建築会社を見極めるポイントを紹介していきます。

建築会社を選ぶポイント

建築技術はもちろん、賃貸併用住宅の取り扱いの実績や、賃貸ニーズや賃料調査などもしっかり行ってくれる建築会社を選びましょう。
設計プランから収支やローンの立案、施工、建築後の経営サポート、メンテナンスに至るまでしっかり対応してくれることも信頼に値します。

これらすべてを満たしている建築会社であれば、窓口が一つで済むだけでなく、いつでも迅速かつ適切な対応をしてくれる可能性が高いでしょう。

工務店・ハウスメーカーそれぞれのメリット

工務店は最初からアフターまで同じ担当者に対応してもらえることが多く、融通をきかせた相談ができるのが特徴です。
自由な設計と施工プランを提案し、建築後のメンテナンスや保守点検のきめ細かい対応も工務店ならではと言えるでしょう。

気になる工務店をいくつか事前にネット等でリサーチし、地元の評判や特徴を比べてみるのも良いでしょう。
工務店は、地域密着型で多額な広告宣伝費などをかけないため、低価格なのがメリットです。

ハウスメーカーは、高額な広告費や住宅展示場の経費、人件費などがかかるため、その分建設の価格は高くなります。
しかし、その分安定性や安心感、多様なデザイン力、短い工期などのメリットがあります。

提携している銀行などもある場合が多いので融資の相談もしやすく、資金計画の信頼度も高いと言えるでしょう。
全国展開しているメーカーにおいてはブランド力も備えている他、アフターサポートや保証サービスも充実しています。

工務店・ハウスメーカーそれぞれのデメリット

工務店はハウスメーカーに比べ、住宅ローンの資金計画などに弱い部分があります。
また、デザイン力に物足りなさを感じることもあるでしょう。
展示場やモデルハウスがないケースも多く、実際に建つ住宅のイメージがつかみづらい点や、アフターフォローの長期保証がない工務店もあります。

ハウスメーカーはマニュアル化されている分、融通がきかない面があります。
販売促進などにかかる費用を上乗せしているため高価格で、契約成立後の変更や追加は、当初の見積もりより大幅に高くなってしまうことも否めません。
また、規格住宅が基本なので設計の自由度は低くなります。

工務店とハウスメーカーにはそれぞれの特徴があります。
価格やデザイン力などに違いはありますが、両方のメリット・デメリットを理解した上で、予算や技術、工期に対する希望を総合的に踏まえ、複数の建築会社に相談することをおすすめします。