賃貸併用住宅のための火災保険とは

家が火事になった時に損害を補償してくれる火災保険ですが、賃貸併用住宅の場合、オーナーの住居部分についてはオーナーが加入し、賃借部分については借主が火災保険に加入することになります。

オーナーと借主とでは、加入したほうがいい火災保険の内容が異なってきます。

火災保険の内容

火災保険には、火災以外にも風災補償や水災補償など、いろいろな補償を付加することができます。

・風災補償:台風や暴風雨による土砂崩れなどで家屋に生じた損害を賠償します。
・水災補償:台風や暴風雨などによる川の氾濫・高潮や雨漏りにより家屋に生じた損害を補償します。
・爆発補償:ガス爆発などにより生じた損害を補償します。

これらの補償については、まとめて火災保険の中に含まれているプランもあれば、改めてオプションとして契約する必要があるものなど、保険会社によって取扱いが異なりますので、契約する保険会社に確認しましょう。

火災保険の選び方

火災保険の内容や価格は保険会社によってもさまざまです。
特に価格については、床面積や契約年数に加えて家屋の構造・家屋がある都道府県によっても価格が異なるなど、しくみはやや複雑です。

まずは多くの火災保険で見積もりを取ってみることをおすすめします。
最近では一括で見積もりが請求できるホームページなどもありますので、活用するといいでしょう。

また、補償内容については、自宅の立地条件などを考慮に入れて取捨選択して決める人が多いようです。
例えば台風の多い地域であれば風災補償を加えたり、海岸や河川に近い地域であれば水災補償を加えるといった具合です。

ちなみに水道の閉め忘れなどによる水漏れは水災補償の範囲ではありません。
もしも水漏れが原因で賃借人など他の人に損害が生じた場合は、水災補償ではなく賠責保険の対象になるため、注意してください。

オーナー・借主でつけておくべき補償内容は異なる

その他にも、家具や設備に被害が及んだ時のために家財保険も加入しておくと安心です。
また、水漏れなどで賃借人に対して賠償責任が生じた時のために、賠償責任も付加しておくことが無難です。

一方借主に対しては、賃貸借契約の条件に加えるなどして、火災保険の加入を強くすすめたほうがいいでしょう。

火災保険の加入は法的義務ではありませんが、賃貸住宅では借主の不注意によるボヤは意外に多いものです。
また賃貸併用住宅の場合、オーナーの住居と賃貸部分は一つ屋根の下で繋がっているため、万が一借主の不注意が原因で火災が起きた時には、オーナーの住居部分や家財にも損害が生じやすい構造になっています。

補償内容としては、賃借部分の火災保険に加えて借主の家財保険、賠償責任保険を付加しておくのが一般的です。
ちなみに賠償責任保険には、個人賠償責任保険と借主賠償責任保険があり、それぞれ賠償する先が異なります。
基本的に、借主賠償責任保険は加入してもらったほうがいいでしょう。

火災保険は医療保険と違って頻繁に加入する機会もないため、あまり馴染みがないかもしれません。
家財保険と賠責保険は加入するようにし、風災補償や水災補償については立地条件などを考慮して決めることをおすすめします。

こちらも合わせてご参照ください。「アパート経営・マンション経営のための火災保険とは