アパート経営・マンション経営は生命保険代わりになる

「生命保険の代わりに」。そんな話をアパート経営・マンション経営をされている方の中には聞いたことのある方もいらっしゃるでしょう。
具体的には、どのようなことなのでしょうか。

アパート経営・マンション経営における生命保険的な機能を検証してみます。

メリットの多い「団体信用生命保険」

アパート・マンションを購入される際、多くの方がローンを申し込みますが、このローンには、銀行の指定する「団体信用生命保険」が組み込まれています。
これは住宅ローンを組んだ方が、ローン返済途中で死亡あるいは高度障害などになった場合に、本人に代わって保険会社がローンを返済してくれる保険です。

大抵の金融機関は、ローンの条件として、この団体信用生命保険(以下、団信に略)への加入を義務づけています。
つまり、「生命保険代わり」という言葉の大きな理由のひとつは、この団信のことを指しているのです。

では、一般的な生命保険と団信には、どのような違いがあるのでしょうか。

一般的な生命保険(以下、生命保険に略)は、月々の保険料を支払い、契約者に万が一のことがあった場合、遺族に保険金が入るというシステムです。
団信の場合は、金利の中に保険料が含まれているのが一般的で、契約者に万が一のことがあった場合には、ローンが消滅するというシステムです。

ここで大きな違いとなって表れるのが、団信の場合は、ローンが消滅した上に、遺族に家賃収入が入るという点です。
契約者が亡くなることで受給が終わる個人年金保険とも違い、入居者がいる以上、家賃収入は継続されます。

ローンの消滅したアパート・マンションを売却すれば、大きな額が一括で入ることにもなりますよね。
また、生命保険は金額面で大きな負担になることが少なくありませんが、団信は金利の中に保険料が含まれているのが一般的で、その掛け金自体も割安です。

働けないリスクを軽減

団信のおかげでローンは消滅し、不動産は残ります。
ですが、万が一というのは亡くなられることだけではありません。
高度障害を持って働けなくなった場合のリスクも、家賃収入があればその後の生活の大きな助けとなります。

時代や経済政策に強い現物資産

時代が変われば物価は変わります。

契約している生命保険の保険金が充分な額に見えても、支払われる時には価値が下がっているかも知れません。
1杯500円のコーヒーが1000円になる時代は、現金の資産価値が半分に下がる時代という訳です。

その点、不動産は、物価と共に生きる現物資産です。
貨幣価値の動きに合わせて変動するため、インフレによる資産価値減少の不安を軽減させてくれます。

こんなデメリットに注意

生命保険と比較すると、かなり利点があると感じる団信ですが、生命保険と同じように年齢や健康状態による審査がない訳ではありません。
そのためタイミングは重要ですし、一度やめてしまったら再加入できませんので、注意が必要です。

ある程度の貯蓄があったところで、金利には期待できないこのご時世。
自分にもしものことがあったら、残された家族は今の生活を維持できるのだろうかと不安に考える人は少なくありません。

そのため、生命保険加入率が下がってきている現在でも、80%を超えているというのが現状です。
高い掛け金が負担になりがちな生命保険の見直しも大切ですが、保険価値の高いアパート経営・マンション経営に資産のシフトを考えてみる、あるいは生命保険の視点からアパート経営・マンション経営を考えてみるというのも、人生の選択肢のひとつではないでしょうか。