立地条件に適した土地活用の方法とは

土地を所有しているだけでも、市町村などの自治体に毎年固定資産税を納税する必要があります。
また、土地を相続する場合には手続きや相続税の問題も考えなければなりません。

そうした固定資産税や相続税の節税対策として、土地を有効活用する方法が注目されていますが、土地活用の方法にも様々な種類があります。
立地条件によっては向き不向きといった例もありますので、立地条件による土地活用の方法について見ていきましょう。

駅近の立地における土地活用の方法

駅に近い立地の場合、その周辺には人が多く集まるため、土地活用が非常にしやすいと言えます。
交通機関が近いというアドバンデージは大きな魅力で、賃貸住宅や駐車場、ビルや商店など幅広い選択肢が考えられます。

特に駅周辺に大きな繁華街があったり、中心街に位置する土地であれば、オフィスやホテルとしての活用も見込めます。
賃貸住宅の経営であれば、不動産業者のサービスも充実した所が多くあるので、知識が少なくても始めやすいでしょう。

駅から遠い立地における土地活用の方法

所有している土地が駅から遠い場合は、地域の買い物客を対象としたショッピングセンターや、スポーツクラブとして土地活用することが考えられます。
駐車場を併設することで、車での利用客を見込むこともできます。
そのため、土地が広く駐車場のスペースを確保できる余裕がある土地だと、より活用しやすくなります。

静かな住宅街であったり、自然環境に恵まれているのであれば、介護向け施設としての利用が向いています。
高齢者向けサービスの需要は増えており、良い選択肢の一つと言えるでしょう。

狭小地や変形地における土地活用の方法

土地の面積が狭かったり、変形地だったりした場合、土地活用の選択肢は少ないのが現状です。
しかし、人通りが多い立地であれば、コインパーキングとして利用することが考えられます。
また、個人向けのトランクルームとしての活用方法も見込めます。

変形地であっても面積が広ければ、ゴルフの練習場として利用することも可能です。
そのほか、自動販売機の設置やバイク用駐車場、広告用の看板を立てたりといった利用方法もあります。
宝くじの販売所など小さい店舗を建設して運用するのも良いでしょう。

市街地における土地活用の方法

市街地にある立地でも、繁華街に近かったり、幹線道路沿いにあったりといったメリットがあれば、様々な形で土地活用することが可能です。

大きな通りから一つ路地に入ったなどの立地であれば、賃貸住宅として活用したり、利便性が高ければ賃貸マンションにするのも良いでしょう。
地域への貢献を意識するのであれば、複合型商業施設とすることで地域の活性化の一助とすることもできます。

企業の倉庫や、高齢者向け住宅なども市街地に向いた土地活用方法です。

郊外における土地活用の方法

立地が住環境に向いた幹線道路の近くであったり、交通量が多い立地であれば、土地活用の見込みがあります。
車での利用を前提としたロードサイド店舗や、商業施設としての土地活用が考えられます。

インターチェンジなど、大都市へのアクセスがしやすい場所ならば、物流施設として利用する方法もあります。
郊外だと難しいテナントの呼び込みや管理等、業者によってはまとめてサポートしてくれる所もあるので、積極的に利用して土地活用に繋げると良いでしょう。