アパート経営・マンション経営における建設会社の選び方

アパート経営・マンション経営における建築会社選びは、今後のパートナーにもなる存在なので慎重に行うことが推奨されています。
どのようなポイントで比較すると、理想的なパートナーが見つかるのかをご紹介します。

建設会社の選び方のポイントとは

アパート経営やマンション経営で、建築会社選び方のポイントを確認しましょう。

まず、そのアパートやマンションを建設するエリアの情報をいかに把握しているかということが重要です。
地域のニーズや相場に合う収益物件を手に入れないと、空き室リスクの問題が出やすいためです。

また、初めてオーナーになる方の相談に十分な対応が出来る業者なのか、サポートのためのサービス内容が充実しているのかどうかも、選ぶポイントの中では重要です。

ハウスメーカーや工務店のメリット

ハウスメーカーを選び収益物件を建設するメリットは、不得意なジャンルなくアパート経営やマンション経営に適した物件を用意できる点です。
人気となるアパートやマンションの条件を把握しているので、収益性の高い不動産経営が実現できると考えられています。

工務店に関しては、得意ジャンルが限定される可能性はありますが、そのエリアの特長を生かしたアパートやマンションの建設が可能になるでしょう。
エリアのニーズに対応できていると、空き室リスクの不安解消になります。

ハウスメーカーや工務店のデメリット

ハウスメーカーを利用する場合は、空き室リスクや物件管理の面にはメリットがある一方で、管理費用が高く家賃収入の10%程度を差し引いた金額が手数料としてかかります。
そのため自己管理よりも、利益が減少するデメリットを持っています。

工務店では、業者の規模によりますが、アパートやマンションの建設のみとなり、その他のサービス内容が充実しているかどうかを確認する手間がかかる場合があります。

アパマン経営における建築会社の選び方のポイントをご紹介しました。
建設して終わりではないアパート経営やマンション経営なので、長く付き合える業者を選定しましょう。