不動産仲介と不動産買取の違い

不動産売却をする際に、とにかく高く物件を売りたいであったり、早く売りたいなどそれぞれ目的や理由があると思います。不動産売却には幾つか方法があり、それぞれの目的によって売却方法を検討することをオススメします。ここでは不動産売却の売却方法について説明いたします。

不動産仲介と不動産買取の違い

みなさんは、不動産を売却する方法というとどのようなイメージを持ちますでしょうか?

多くの方は、不動産業者に売却依頼をし、依頼した不動産業者が購入希望者を募って条件が合えば売買が成立するというイメージをお持ちではないでしょうか。この方法を「不動産仲介」といいます。「不動産仲介」が一般的な売却方法ですが、不動産売却にはこの「不動産仲介」のほかに「不動産買取」という方法があります。

「不動産仲介」とは売りたい不動産を不動産業者に売却依頼をし、一般に公開して購入者を探して売却する方法をいいます。「不動産仲介」の場合の買い手は一般の購入希望者となります。一方、「不動産買取」は不動産業者が直接不動産の買取をおこなう方法をいいます。

「不動産買取」の場合の購入者は不動産業者となることが大きな違いとなります。

このように不動産売却には大きく2つのパターンがありますが、買い手が違う以外にはどのような違いがあるのでしょうか。

  • 仲介手数料の有無
    「不動産仲介」の場合、仲介業者に仲介手数料を払いますが、「不動産買取」は仲介業者が存在せず、売却先が直接不動産業者となるため、仲介手数料が発生しません。
  • 売却までの早さ
    「不動産仲介」の場合、売却依頼後に買い手を探し、条件交渉などが発生するため、売却までに比較的時間を要します。一方「不動産買取」の場合は買い手が不動産業者となるため、買い手を探す手間や条件の交渉が軽減でき、比較的短い期間で売却できる傾向にあります。
  • 売却金額
    一般的には「不動産仲介」の方が「不動産買取」よりも売却価格が高くなる傾向があります。「不動産仲介」は市場価格や買い手との値段交渉などにより、妥当性のある価格であればその価格で売却できます。しかし一方で「不動産買取」の場合は、仲介業者へ支払う中間マージンや、不動産業者が自費でリフォームやリノベーションをして転売したりするため、その費用分価格が安くなる傾向にあるのです。