一口に一戸建てを売るといっても、売り方によってだいぶ価格が変わることがあります。上手に売るにはやはりテクニックが必要です。まず知っておくべき大事な点は、売るには2つの方法があるということです。
一つは不動産業者に「仲介」をしてもらい買い手を見つけるという方法です。当然買い手が見つかるまでは現金は入りませんし、仲介する不動産業者の手腕にも左右されますが、うまくことが進めば思ったよりも高く売却できることもあります。
もう一つは不動産業者による「買取」、つまり直接業者へ売却するという方法です。業者は買い手がいつ付くかわからない物件を所有するわけですし、より売れる物件になるように費用をかけてリフォームするので、その分「仲介」よりも売却価格は安くなります。とはいえ、売る側としては早く現金が手に入ることに加え、結局何年も買い手が見つからず不動産価値だけが下がっていくというリスクを避けられるのは魅力です。
2つを十分比較して、少しでも自分にとって利益となる方法を選ぶことが、上手な不動産売却の第一歩です。