色々な理由で不動産の資金化を急ぎたい方はいます。ですが、不動産はなかなか買い手が見つからないのが現状です。希望者が見つかったとしても、価格の交渉に折り合いをつけるのも一苦労です。そんな悩みを解決するのが不動産買取制度になります。必ず売却できるこの制度、急ぎで不動産の資金化を考えている人にとっては非常にありがたい制度です。
まず制度を利用するにあたっての概要の流れですが、買取制度を導入している仲介業者を探します。とはいっても、売却活動をするとどこからもなくこの手の仲介業者はたくさん現れます。この仲介業者がメインで売却活動を行います。活動前には、約定期間および約定金額の提示がありますから、その2点についてはよく業者と話し合って決定することになります。
実際の活動期間は通常ですと数か月から半年で、売却希望価格は市場より2割ほど低く設定されます。しかし、約定期間内に売却が成立しなかった場合には、仲介業者が買取を行ってくれます。この制度のメリットは他にもあります。通常の一般の売却ですと、売り手、すなわちあなたに売り手に対して不動産の瑕疵責任が発生しますが、この制度では仲介業者に瑕疵責任がつきます。