不動産の買取を依頼する際には、大きく分けて二つの方法があります。まず一つ目には全国的に名の知れた大手不動産会社に依頼するという方法、そして二つ目に地元に力を入れ、全国的には展開していない不動産会社に依頼するという方法です。これらにはそれぞれのメリット、デメリットがあります。
ここで説明するのは、全国的に名の知れた大手不動産会社についてです。このような不動産会社は買取の依頼をするとすぐに良質なアピール用紙を作成してくれ、全国のどこからでも見れるようにサイトにあげたり、社内で共有したりするため地元の不動産会社に比べて成約が早く決まるというケースが多くなっています。
とはいえ、コストが多少多めにかかってしまうという面もあります。というのも、そのようなアピール点をすぐに見つけ、購入希望者がいれば丁寧な案内もしますから人件費等の面でコストがかさんでしまうからです。そのため仲介にかかる手数料の割引はあまり行っていないケースが多くなっています。