不動産を買取してもらう時の相場は基本的にはその地域の周辺の不動産の値段や利便性によって決まるようになっており、各地域によって値段にかなりの差があり、不動産業者によっても少々異なります。その際に必要となる資金については引越し費用を含めて様々なものが必要となりますから事前に知っておくことが必要です。
仲介手数料は基本的に%で決まり、3%から5%ぐらいの企業が多く、この場合には契約書に貼り付けする印紙代、そしてローン抵当権抹消登記等が必要になり、引っ越し費用が必要です。また、買取の場合に必要なのは印紙代が必要となります、売買契約によって価格が変わってきますから、この辺りについては事前に調べることが必要です。そして残りは上記同様引越し費用が必要となります。
気をつけておきたいのが、このように不動産売却を行うと、いかなる場合でも不動産売却を行うと所得が入ってきたとみなされる為、所得税と住民税の対象となり、確定申告が必要になります。税金についてどうしてもわからないという場合には専門家の方に直接聞きに行くとスムーズに事を運ぶことができます。