住宅を買取る業者というのは数多く存在しており、日々営業しています。土地や住宅といった不動産を売却する場合には一般的に二種類の方法というのが有名です。それが仲介と不動産買取なのですが、仲介の場合はとにかく高額な売却金額となるのが最大のメリットです。
当然手元に残る金額というのも大きくなります。多くの人が今でも仲介により不動産を売却しようとしています。しかし、仲介というのは買主が現れない限り売却はできないので、場合によっては売れ残ってしまい、いつまで経っても現金とならない可能性も出てきます。更に仲介で売却した物件というのは瑕疵責任も生じてしまいます。一年以内に不具合が出た場合には補償や修繕の義務があります。
それに比べると不動産買取は売却の金額こそ若干低くなりますが、確実に現金化が可能となります。瑕疵責任についても業者に売却した時点で責任が業者に移るので売主に負担が掛かる事はありません。それぞれに一長一短なので自分に応じた売却方法を選ぶ必要があります。