マンションに住めば持ち回りで管理組合の役が回ってきます。組合に入ればマンション管理を受け持つことになります。ただし、仕事で忙しいマンションの住人が管理を任されても十分に対応することはできません。しかも知識がなければ到底無理な話です。
そこで、管理会社が存在いします。すべてを管理委託するところもあれば一部の業務を委託するところもあります。清掃、点検といった業務ごとに委託する業者を変える場合もあります。
すべてを業者が管理委託すれば住人の負担は極端に少なくなるでしょう。ただし組合員としての自覚が少なくなってしまうことも考えられます。住人同士のつながりが希薄になることもあります。
また、すべてを委託すれば継続的にその業者と契約を行うことになり、お互いが慣れ合いになることもあります。本当の意味で信頼関係でつながっているためにも、意識が低下しないようにする必要があります。組合員は住みやすい快適な暮らしが出来るように、また、効率的な管理をしてもらうように管理業者に対して目を光らせていくことも必要です。