ビル警備業務の種類

ビルや建物の防犯や防災に努めている警備員ですが、警備業務にはそれぞれの役割があり、 条件や場合に応じた警備方法を警備会社に依頼することが重要です。ここでは警備業務の種類を理解することで、どの場面でどういった警備が必要なのかを考えましょう。

ビル警備業務の種類

○立哨業務
ビルや建物の入り口やエントランス、ロビーで警備員が制服による警戒・監視を行う警備業務です。犯罪や災害の抑止効果があることに加え、その建物に対するイメージアップの効果もあります。

○防災センター監視業務
「防災センター」とは、ビルや建物内の火災などの監視や、消防設備などの管理を行っている施設になります。防災センターは「防災センター要員講習」を修了した「防災センター要員」によって監視されており、あらゆる情報を集約し、迅速で的確な判断と対応をすることになります。

○常駐業務
常駐警備は、現場に常駐することにより、盗難や火災などの警戒防止に繋がります。出入管理・設備管理などと連携して、建物の安全確保を努めます。

○巡回業務
巡回警備は、警備員が現場に常駐しません。定期的な巡回などによって防犯や防災に努めます。常駐警備と比べて、少人数の警備員で効率的な効果を上げることができます。常駐警備より低コストであることが一般的です。

○出入管理業務
施設を出入りされる人や物品、車輛をチェックして、不審者や不審物の侵入、企業の機密・財産の流出を防ぎます。

○遠隔監視・機械警備業務 ビルや建物、工場などに設置されているセンサーや防犯カメラ、コンピュータによるシステムなどを遠隔で監視し、不審者の侵入を防いだり異常発生の際迅速に現場に駆け付け対応します。

スマイスター編集部より

警備業務は一見誰にでもできる業務に見えるかもしれませんが、常にビルや建物の安全や保安のため監視の目を休めることはありません。また、ときには建物の案内といった窓口の役割も担っているため、豊富な経験と臨機応変な対応力が必要となる重要な業務だと考えた方が良いでしょう。現在利用している警備会社の変更や、新たに警備員を配置してほしい場合、1社のみに見積もりや相談をするのではなく、できるだけ複数社に同条件で依頼をして、それぞれの提案を聞いてから、一番自分の要望に合った会社に警備を任せるようしましょう。