ビル清掃業務の種類

普段何気なく利用しているビルや建物が綺麗に保たれているのは、ビルや建物の管理業務の一つ、清掃業務がきちんと行われているからです。清掃業務には様々な種類があり、ビルや建物のオーナーは、場合に応じた清掃業務を清掃会社に依頼することが重要です。では、ビルの清掃業務にはどんな種類があるのでしょうか。

ビル清掃業務の種類

ガラスクリーニング

定期的なガラスのクリーニングは、建物の劣化を防止させたり、衛生管理や職場環境の向上に効果があると言われています。最近では複雑な構造のビルや建物が増加しており、例えば全面ガラス張りの建物などは、ガラスクリーニングの重要性が特に顕著です。

また、特殊な素材のガラスを使用している建物も増加している関係で、一般の方がガラスクリーニングをすることは難しくなっています。専門的な技術と経験を持ち合わせた清掃会社に依頼しましょう。

外装クリーニング

外装材の劣化や腐食は、外観を見る人にとって良い印象を与えません。また、外装が劣化することにより建物の寿命を縮めてしまいます。しかも、あまりにも汚れてしまったあとでは、そこから外装クリーニングをするとしても大きな費用が発生することになるのです。 定期的な外装クリーニング実施を心掛けましょう。

床清掃

日々様々な利用者が歩かれる建物のエントランスやロビー、通路の床はキズや汚れが付きやすく劣化しやすい個所になります。定期的なワックスがけなどのメンテナンスをすることで、常に綺麗な状態を保ち、床を長持ちさせましょう。

カーペット清掃

様々な配線を隠すことができるカーペットは、オフィスビルなどで非常に重宝されています。しかし、ゴミなどによってカーペットは汚れやすく、ダニやホコリといった目には見えない汚れがたまります。定期的な清掃を心がけましょう。

エアコン清掃

エアコンは、定期的な清掃を怠ることにより、カビが繁殖したり、ニオイやアレルギーの原因を引き起こします。特にオフィスビルなどで見かける「天井配置型」のエアコンは、機器内に水がたまっていることから、そういった問題が発生しやすく、また冷暖房の効率が下がったり、故障の原因にもなります。

トイレ清掃

トイレ清掃は重要な清掃業務の一つです。店舗や商業施設の場合、トイレの印象によって評価が左右することもしばしばあります。トイレを如何に清潔で綺麗に保っているかは、そこで働く従業員だけではなく、利用されるお客様に対しても大きく影響します。

照明清掃

照明器具は放っておくと、ホコリや汚れが付き、照明の効率を低下させるため電気代に影響が出たり、従業員のモチベーションなどに影響を与ることがあります。
また、器具についたホコリをそのままにしておくと、漏電などによる火災の可能性もありますので注意が必要です。

害虫駆除

害虫やねずみといった「害虫被害」は、一般の方をお客様としている店舗や商業施設、特に飲食店などにとっては大きな損失を生む可能性があります。害虫が発生してから業者に対応してもらうことは当然のことですが、日ごろから害虫対策をすることで、店舗や建物の安全を保ちましょう。

貯水タンク清掃

水道法という法律によって、「一年以内ごとに一回、定期に清掃を行うこと」と定められています。貯水槽・貯水タンクの清掃をしなければ赤さびの沈殿や、害虫が侵入してしまうなどの事態が起こり得ます。

排水槽清掃

排水槽とは、汚水槽、雑排水槽、湧水槽といったものの総称で、汚水などが外部に漏れ出てしまわないように設置しているものです。ビル管理という法律によって法排水槽の清掃は半年に1回はすることが定められています。排水槽の清掃をすることにより、悪臭やポンプの故障、排水管のつまり、害虫被害といった問題を事前に防ぐことが可能です。