敷金・礼金の意味

賃貸経営をはじめると、入居者より「敷金・礼金」をいただくことがあります。 この「敷金・礼金」は昔の慣習の影響があると言われており、地域によっても異なっています。「敷金・礼金」はセットで考えがちですが、目的や用途に違いがあります。計上の仕方も変わってきますので注意が必要です。

では、「敷金・礼金」とはどのようなものなのでしょうか?

敷金とは

賃貸経営の際に、家賃滞納があった場合や退去時のクリーニング代などの修繕費の担保として入居者から一時金として預かる金銭のことです。
物件を貸す際に入居審査をしますが、入居者が信用ある人なのかを見極めるのは困難です。
そのため、保証金として敷金を入居者より預かります。入居者の退去時には返還の義務がありますが、返還の際には、家賃の滞納や入居者の過失による室内の修繕費を差し引くことができます。

敷金の由来は、江戸時代の婚姻のあると言われております。江戸時代の婚姻は女性が持参金を用意するのが一般的で、この持参金を「敷金」と読んでいました。
「離婚の際に返還される金銭」のことで、現在の「敷金」と同様の考え方となっています。

礼金とは

入居者と賃貸契約を締結する際に謝礼としていただく金銭のことです。
入居者に返還する義務はありません。家賃の1~2ヶ月分が相場となっていますが、近年では入居者の促進をはかるために礼金を設定しないケースも有ります。また、礼金の一部を仲介手数料として仲介業者に支払う場合もあります。

礼金の由来は諸説ありますが、戦後、家を失った人々に家を貸してくれた大家さんにありがとうの意味を込めて払ったものと言われています。また、進学や就職のために東京や都心へ上京する我が子を心配して大家さんに「何かあった際はよろしくお願いします」というお世話を託す意味を込めて支払ったとも言われています。

関東と関西による違い

敷金・礼金の意味電卓02
上記にて説明したように関東では「敷金・礼金」といいますが、関西(大阪や九州)では「保証金・敷引き」というのが一般的となっています。
 
・保証金・・・敷金と同じような預け金のこと。ここから敷引きが差し引かれる。極端な汚れや破損があった場合は追加で請求することができる。
 
・敷引き・・・保証金から差し引かれる金額。退却時に返還する必要はなく家賃滞納分や原状回復費用に充てる。
 
「敷金・礼金」は家賃収入や共益費などと同様に不動産収入となりますが、計上の方法が異なります。

最近では敷金・礼金のない物件ももいかけますが、何らかの理由がある場合や、敷金・礼金分を家賃に上乗せする場合があるようです。
長期で入居を見込む場合は敷金・礼金に上乗せ、短期の場合は敷金・礼金の方が得にはなりますが、近隣の相場などを調べて決めるのが良いでしょう。

敷金・礼金の計上方法

礼金は入居者への返還の義務が無いため、全額不動産収入として計上しなくてはなりません。計上する時期は鍵の引き渡しがされた日の属する年分の総収入金額に算入します。
例えば、入居者より礼金を10万円いただいた場合は、10万円を不動産収入として計上します。

一方、敷金は、礼金と同様に入居の際にいただくものになりますが、入居者が退去する際に返還する義務があります。いただいた時点で返還額が確定しない場合は、不動産収入としては計上せず、預り金として処理をします。ただし、返還を必要としない特約がある場合はいただいた時点で不動産収入として計上します。
そして、賃貸契約終了時に、家賃滞納や修繕費などを差し引いた場合は、返還しない部分の額を、賃貸契約終了日の属する年分の総収入金額に算入します。
例えば、入居時に10万円をいただいており、退去時に修繕費として4万円を使用し、6万円を入居者に返還した場合は、返還しなかった4万円を不動産収入として計上します。

なお、土地の譲渡や貸付は消費税の課税対象外となります。ここで言う土地には土地の上に存在する権利も含みます。住居用の貸付については、貸付期間が1ヶ月にみたないなどの場合をのぞいて、非課税となります。
ですので、家賃・共益費・敷金・礼金は非課税となります。ここで注意しなくてはならないのは、原則として駐車場は課税対象となることです。

  相場 返金 計上
敷金 1~2ヶ月 あり 退去時
礼金 1~2ヶ月 なし 入居時
保証金 3~6ヶ月 あり 退去時
敷引き 1~3ヶ月 なし 入居時

※更新料は通常返還されないため、更新時に計上します。

同じ、不動産収入でも用途や計上方法が異なりますので注意いたしましょう。