「民泊」についての解説

不動産に関する重要キーワードを、日本AMサービス堂下代表が分かりやすく解説!

キーワード「民泊」とは・・・

民泊は民家を宿泊施設として利用する事を言います。
近年外国人旅行者等の増加により一般の住宅を外国人旅行者に貸している方も増加しています。宿泊施設の提供は旅館業法等に該当する事になりますが、民泊については明確な法規制がないため、観光庁により「民泊サービス」のあり方に関する検討会が行われています。

堂下代表の一言

東京オリンピック等の影響により外国人旅行者の大幅増加に先駆けて、旅館業法外の民泊ビジネスが脚光を浴びてきています。

民泊の先駆けとなったのはAirBnB(エアービーアンドビー)ですが、個人が自己保有する区分マンション等の一室を外国人の旅行者へ短期間で貸しているケースが多い様です。しかしながら現段階ではしっかりとしたルールがないため、問題が非常に多いのが実情の様です。

多くの分譲マンションは所有者以外の方が利用する場合の届出が規定されていたり、事務所や商業用施設としての利用を管理規約で禁止されているにも関わらず、実際にはルールを無視している方が非常に多い様です。またひどいケースでは賃貸で借りたお部屋を無断で民泊用に転貸しているなど、違反行為が横行している事も耳にします。

自己保有する不動産を民泊に利用する場合は法規制などしっかり順守した上で行うようにして下さい。特に分譲マンションは他の居住者の方への迷惑行為は非常に大きな問題となります。

スマイスター編集部より

日本に訪れる外国人観光客は、2014年と2015年を比べると、約1.5倍増加しており、今後も増加傾向にあると考えられています。

それに伴った東京や大阪といった都市部での宿泊施設不足は深刻な問題で、旅行者だけではなく、日本人の出張やビジネスにおける機会損失といった大きな損害を生んでいます。

そういった状況のなかで「民泊」サービスは非常に有用で、需要があるサービスであると考えられます。

しかし、宿泊者のマナー違反や近隣住人への迷惑行為など、問題が山積み見なっているのが現状です。2016年4月に民泊に関する規制が緩和されましたが、それにあわせた節度ある利用者や環境作りが大切であると考えられます。

 

logoAM3

企業名 日本AMサービス
住所 東京都中央区日本橋堀留町2-7-1-1202
事業内容 ・不動産投資資産形成サポート業務 ・賃貸管理業務
・賃貸経営サポート業務 ・ローンアレンジメント業務
・その他不動産投資に関する業務
氏名 堂下 葉
所属/役職 代表
資格 宅地建物取引主任者、不動産証券化協会認定マスター、証券アナリスト、全国経理教育協会簿記上級、日本商工会議所簿記2級、国際会計検定(BATIC)Accountant Level、証券外務員2種
電話番号 03-5623-2325