分譲マンションを賃貸に出すメリット

分譲マンションを賃貸に出すメリットとは何でしょうか。

転勤などで一時的に賃貸にするリロケーションや、空き部屋の活用として分譲マンションを賃貸に出す機会は珍しくありません。では、一般的な賃貸用マンションに比べて分譲マンションは何が違うのでしょうか?

分譲マンションに住みたい人の需要は何か?

賃貸に出した分譲マンションには一定の需要があります。「賃貸分譲マンション」とも呼ばれますが、賃貸にした分譲マンションにはどういったメリットがあるのでしょうか?

■一般的な賃貸マンションとは構造が違う

分譲マンションは1部屋が何千万円もする物件です。

建築する側も購入する側も一生住むことを前提とした造りになっており、そのため一般の賃貸マンションよりもグレード高い場合が多くあります。マンションの構造において、耐震防音構造面がしっかりしていることがほとんどです。

■設備が充実している

先述したように、分譲マンションは一生住むことを目的として建てられている建物であるため、設備が充実しています。

エントランスがホテルのように綺麗だったり、TV付きのインターフォン、広いウォークインクローゼット、床暖房、システムキッチン、浄水器など賃貸マンションにはない設備が豊富に取りそろえられている場合が多くあります。

そういった設備は、分譲マンションを借りたいと考えられている方のポイントになります。

■居住者の質が高い場合が多い

賃貸物件でしばしば問題になる近隣トラブルですが、分譲マンションの場合、周りの居住者はその建物に長く居住することになるため、近隣住人との協調性や調和がとれている方が多いと考えることができます。

また、マンションを購入していることからも、一定以上の収入がある方が住まれていることがわかることから、落ち着いた環境で住みたい方やご家族で入居を考えている方にほメリットになります。

■一般的な賃貸マンションよりも高い賃料で貸せる

上記のメリットからも、分譲マンションを賃貸に出すと近隣の賃貸マンションの相場よりも高い賃料で貸すことができます。

入居者は物件購入することなく、環境の良い物件に住めるため、少し高く設定された賃料であっても十分に魅力を感じ、入居を希望するのです。

 

こういった分譲マンション特有のメリットは、住む物件にこだわっている賃借人にとっては大きな魅力になります。

しかし注意も必要

一方で、分譲マンションを賃貸に出すには注意も必要です。

■初期費用がかかる可能性

住んでいた分譲マンションを賃貸に出すには、ハウスクリーニングやリフォーム・リノベーションが必要な場合があります。

そのため、初期費用として数十万円~といった出費を覚悟するケースも少なくありません。

■空室のリスクも考えましょう

賃貸として分譲マンションを出せば、必ず「空室のリスク」が発生します。入居者がいる場合はそういった心配もありませんが、退去してしまうと賃料の収入がなくなります。

まだ分譲マンションのローンが残っていた場合、月額費との相殺をすることができません。また、新しく住む家を購入していた場合、二重ローンも発生してしまいます。

■売却時に不利なる場合がある

賃貸にした分譲マンションを、賃貸のまま売却する場合、その分譲マンションは「収益物件」とみなされます。

そのため利回りなどから価格を算出されるため、通常の査定よりも低い査定額になる可能性があります。また、マイホームを売却した際に発生する「3,000万円の特別控除」といった税制優遇が使えないなど、マンション売却時に不利になる可能性が高くあります。

 

こういった注意点があるため、分譲マンションの賃貸化は慎重にならざるをえません。

しかし、転勤などでしばらく家を空けている間を賃貸に出す「リロケーション」などにおいては、分譲マンションを賃貸に出すことは十分にメリットがあります。

また、ご自身が所有されているマンションを賃貸にしたときに発生する初期費用や空き家のリスクといった専門的な部分や、周辺環境によるその物件への需要などは、賃貸業を行う管理会社に問い合わせることで確認しましょう。

是非、複数社へ問い合わせができる「スマイスター賃貸管理」をご活用ください。