メニュー
お電話でのお問い合わせ
ログイン/会員登録
よくある質問
初めての方へ
  • 友だち追加友だち追加
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

土地売却ならスマイスタ―

土地売却
土地売却の前に、必ず査定!

土地売却の前に、必ず査定!

賢い土地売却を行うために、
必ず行っていただきたいのが不動産会社の比較です。
最短45秒で最大6社の仲介会社から
土地の売却価格を一括査定、
売却相談を行うことが可能です。

45オンライン査定

完全
無料

本当に損しない、無料のマンション売却査定サイト

最短45秒で不動産売却価格を査定

  • STEP1
  • STEP2
  • STEP3
  • STEP4

個人情報の保護

attention 本サービスは売却検討中の方向けの、不動産会社に査定依頼ができるサービスです。

attention 査定依頼後、不動産会社より連絡があります。

土地売却をお考えなら

土地の売却では不動産会社選びが重要です。売却前に不動産会社を比較することで土地の売却価格に大きな差が生まれます。「土地の売却を考えているが実際どのように進めればいいかわからない。」、「少しでも高く土地を売りたい。」、「譲渡された土地がいくらで売却できるかを知りたい。」と考えている方は是非スマイスターをご利用ください。簡単な入力のみで物件にあわせた仲介会社を選択、一括して査定することが可能です。忙しい売主さんでも効率的な土地売却を行うことができます。

マンション売却のながれ

STEP1 STEP2 STEP3
マンション売却のながれ
不動産会社選び・媒介契約 売却活動(買い手探し) 売買契約
STEP1
step1

不動産会社選び・媒介契約

STEP2
step2

売却活動(買い手探し)

STEP3
step3

売買契約

土地を売却する際の流れ

STEP1相場の把握と不動産会社選び

土地の売却を考えたら、まず行わなければいけないのが相場価格の調査です。土地の相場価格は周辺地域の過去の売却実績の調査を行うこと、地域の不動産会社に相談することで大体の価格を把握することができます。土地の売却を不動産会社に相談いただく際に気をつけていただきたいのが物件や地域に合わせて不動産会社には得意、不得意があるということです。複数の会社に問い合わせを行うことで土地の売却価格には開きがあることに気づく方も多いかもしれません。スマイスターでは国内最大規模のネットワークで売却をご検討に物件に合わせた不動産会社に土地売却価格を査定、相談を行うことが可能です。売却価格や連絡を受けた際の対応等を比較することで最適な不動産会社を探すことができます。
信頼できる不動産会社を見つけたならば仲介契約を結びましょう。土地売却の仲介契約には「一般媒介契約」「専任媒介契約」「専属専任媒介契約」の3つの仲介形態があります。それぞれに長所と短所がございますので、売却スタイルに合わせた契約を結んでいきましょう。

STEP2売却活動(買い手探し)

仲介契約を結んだのであれば、いよいよ土地の売却活動がスタートします。売却活動は様々ですが、ポータルサイトに情報を掲載したり、チラシを撒いてもらうことも多いでしょう。長期戦になる場合もございますので仲介会社との関係が重要です。加えて、土地の売却活動の際に気をつけていただきたいのが戦略です。買い手探しのために土地の整備を行った方がいいのか、行わない方がいいのか。1円でも高く土地を売却していきたいのか、できるだけ早い時期に土地の売却を完了させていきたいのか、事前によく決定していく必要があります。それにより土地の売り出し額は変わっていきますので、納得した選択のもとで売却活動を行っていきましょう。
また、買い手から値下げ交渉を受けることもあります。値下げ交渉を受けるか、受けないか。値下げ交渉を想定して土地の売り出し価格を少し高めに提示することも可能です。不動産会社と密な連携を行うことが売却活動成功の秘訣です。

STEP3売買契約と土地の引き渡し

金額や条件面で折り合いのつく購入希望者が見つかったら土地の売却活動もいよいよ終盤です。その方と実際に売買契約を結んでいきます。売買契約書は不動産会社が用意してくれるものですが、契約に間違いがないかは必ずチェックしましょう。売買契約書の記載文には専門用語が多く、理解の難しい箇所もあるかもしれません。売買土地の表示、売却代金、手付金などの額面、所有権の譲渡と引渡し時期、公租公課の精算・ローン特約・手付解除・契約違反による解除・瑕疵担保責任についても項目などを必ず確認するようにしましょう。

お金のあれこれ

登録免許税

登録免許税とは

登録免許税とは、登記簿にある不動産に関する所在地、面積、名義といったものを相続人の情報に更新して登録する際に支払う税金です。

登録免許税の計算方法

登録免許税=固定資産税評価額(※)×0.4%

※固定資産税評価額
総務大臣が定めた固定資産評価基準に基づいて各市区町村が定めた評価額で、固定資産税や都市計画税、相続税、不動産取得税、登録免許税などを求めるために必要です。
固定資産税評価額は不動産取引の指標となる公示価格などと比較して概ね7割程度の額となります。

相続税

相続税とは

3,000万円+相続人の数+600万円

※平成27年1月の相続税率改定により一部引き上げ(減額)となりました。

詳細はこちらより確認いただけます

無料一括査定スタート
Lineスマイスター友達登録

Line

友達追加で不動産に関する
最新ニュース、ノウハウ、耳寄りな情報を随時配信します!
友だち登録をする 友だち登録をする
お電話でのお問い合わせ
  • 友だち追加友だち追加
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

top