2017年02月16日
竹内FP事務所 竹内美紀

ご相談事例:ライフプランシミュレーションからの買替 その1

竹内FP事務所 竹内美紀

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
  • facebookでシェアする
  • はてブ
  • google+

はじめまして。
ファイナンシャルプランナーの竹内です。


独立系FPとして、個人や事業主の個別の相談業務を中心に

活動をしております。

日々のご相談の中で、感じたことやお役立ち情報を

実例を交えて書き綴っていければ、と思っております。

よろしくお願いします。


さて、本日はFP相談の中でも一番人気のライフプラン

シミュレーションからの不動産買替の事例をお話します。

まず、カウンセリングで大切なことは、


・何について困っていて
・どうなりたいのか


を確認することです。


目先の


「お金がない」
「お金を貯めたい」


という枝葉からではなく、

本来どうありたいのか

幹の部分を確認することが大切です。


個人情報がわからない範囲で記述しますね。


□ライフプランシミュレーションにあたってのカウンセリング


 ■ご相談の理由


  子供の教育費が増えていくことが想定されるが

  日々の家計がうまくまわらない。どうしたら良いか。


 ■具体的なカウンセリング
  ・家計の収支の把握
  ・今後50年間の家族のライフデザインと、シミュレーション


 ■ご希望の確認
  ・教育費や生活費に困ることなく、日々を楽しく過ごしたい
  ・家族が一緒に過ごせれば幸せ


 ■対策
  ・固定費の見直し ⇒ 住宅ローン、管理費等ランニングコストの見直し
  ・家計の黒字化  ⇒ 予算化して使える金額を把握できる仕組み作り



□抜本的な改善案


 抜本的な改善案として、住宅の買替をご提案しました。


  ・オリンピック景気を受け、不動産の価格が上昇している時期だったこと。
  ・周囲の環境が支出を増やしてしまう要素が強いことから、周辺環境の変更
   (ショッピングモールが通り道にある)



 細かいことを実施するよりも、環境自体を変えてしまうことが早道と判断しました。


 数値のシミュレーションは以下のとおりです。(10年目以降は省略)






 細かいコストを無視したとして、手元に残る資産は1,000万円

 売却金額:7,000万円
 新たに購入する物件:5,500万円
 諸経費:500万円

 年間のコスト差は76万円となりました。


 さてさて、このご提案がどのように実現していくでしょうか。


 提案だけではなく、具体的な物件探しも連携してサポートをしていくことになります。



 つづく。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

閲覧数 168

  • LINEで送る
  • facebookでシェアする
  • はてブ
  • google+

本サイトに掲載されているコンテンツ (記事・広告・デザイン等)に関する著作権は当社に帰属しており、他のホームページ・ブログ等に無断で転載・転用することを禁止します。
引用する場合は、リンクを貼る等して当サイトからの引用であることを明らかにしてください。なお、当サイトへのリンクを貼ることは自由です。ご連絡の必要もありません。

このコラムニストのコラム

[PR]

  • カカクコム
  • 株式会社MFS
  • 人材紹介1
  • 人材紹介2

不動産売却なら最大6社にて比較

不動産を高く売却するなら
最短45秒の入力で、
全国1,000社以上の
不動産会社が対応!

最短45秒で
不動産売却価格を査定

  • STEP1
  • STEP2
  • STEP3
  • STEP4

個人情報の保護

attention 本サービスは売却検討中の方向けの、不動産会社に査定依頼ができるサービスです。

attention 査定依頼後、不動産会社より連絡があります。

Service list サービス一覧