2017年02月21日
スマイスター総研

【調査】土地の相続はデリケート!? 51.3%が「検討は進んでいない」。

スマイスター総研

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
いいね
  • LINEで送る
  • facebookでシェアする
  • はてブ
  • google+

閲覧数 228

土地の相続はデリケート!? 51.3%が「検討は進んでいない」。
相続予定の財産は、「土地」91.0%、「建物」80.7%、「預貯金」45.3%。
建物を相続したら「自分で住む」33.9%。60 代は 48.3%と顕著に。


不動産関連の比較査定サイト「スマイスター(https://www.sumaistar.com)」を運営する株式会社シースタイル(本社:東京都中央区、代表取締役:川合 大無)は、「将来不動産を相続する可能性がある」という 30~70 代の全国 300 人を対象に、「今後の不動産相続についての行動」についての調査を行いました。


【調査結果サマリー】
ポイント1 相続するのは「不動産」中心。金融資産の相続は「預貯金」45.3%、「株式」10.3%。
ポイント 2 「土地」を相続するための検討は先送り…。親族間での話し合いは 16.5%どまり。
ポイント 3 「建物」を相続したら、3 人に 1 人は「自分で住む」。「売却予定」は 13.2%。


「土地相続の検討は約 5 割が未着手。実際に『話し合った』は 16.5%。」
「不動産相続を受ける可能性のある」人に、相続予定の財産について聞いてみました。1 位「土地」91.0%、2 位「建物」80.7%、不動産以外として 3 位「預貯金」45.3%、4 位「株式」10.3%となり、金融資産も一緒に相続する人は約半数にとどまりました。次に相続を受ける予定 1 位の「土地」について今の検討状況をたずねたところ、51.3%が「誰も検討していない(何も進んでいない)」と回答。検討が進んでいる人の合計は 16.5%と2割弱となり、分配の難しい不動産相続は、家族間の話し合いを先送りにしている様子がうかがえました。








「『リタイア後は相続した家に住みたい』。60 代の約半数が住み継ぐ意向」
つづいて、相続を受ける可能性のある「建物」については、どのように利用する予定なのでしょうか。1 位は「自分で住む」33.9%となり、3 人に 1 人は「住み継いで活用する」意向を示しています。2 位は「決めていない」33.5%、3 位は「売却」13.2%となり、約3割の人は「相続を受けた時の状況に応じて、利用法を考える」というのが本心のようです。一方、60 代になると「自分で住む」48.3%という意向が顕著に! 「第2の住宅として利用」10.3%を含めると 60 代の半数以上が「家族の歴史が残る家での暮らし」を希望しています。





<調査概要>
■調査期間:2017 年 1 月 13 日~15 日 ■調査手法:インターネット調査(ネオマーケティング調べ)
■集計数:「将来不動産を相続する可能性がある」という 30 代以上の全国 300 人

本サイトに掲載されているコンテンツ (記事・広告・デザイン等)に関する著作権は当社に帰属しており、他のホームページ・ブログ等に無断で転載・転用することを禁止します。
引用する場合は、リンクを貼る等して当サイトからの引用であることを明らかにしてください。なお、当サイトへのリンクを貼ることは自由です。ご連絡の必要もありません。

このコラムニストのコラム

[PR]

  • 人材紹介1
  • カカクコム
  • 人材紹介2
  • 株式会社MFS

不動産売却なら最大6社にて比較

不動産を高く売却するなら
最短45秒の入力で、
全国1,000社以上の
不動産会社が対応!

最短45秒で
不動産売却価格を査定

  • STEP1
  • STEP2
  • STEP3

個人情報の保護

attention 本サービスは売却検討中の方向けの、不動産会社に査定依頼ができるサービスです。

attention 査定依頼後、不動産会社より連絡があります。

Service list サービス一覧