2017年06月15日
スマイスターMagaZineニュース

TOTO、ベッセル式洗面器のオーバル形・スクエア形2モデルを8月1日発売

スマイスターMagaZineニュース

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
いいね
  • LINEで送る
  • facebookでシェアする
  • はてブ
  • google+

閲覧数 17

 水まわり設備の専門メーカーのTOTOは6月14日、ベッセル式洗面器(オーバル形、スクエア形)の2モデルを8月1日から発売すると発表した。
 併せて、グローバル展開する水栓金具「自動水栓『アクアオート』」とシングル混合水栓「ZLシリーズ」も同時発売する。



※プレスリリースより


 今回発売する「ベッセル式洗面器」のオーバル形タイプは、世界的なデザイン賞「iFデザイン賞2017」の最高位「iFゴールド賞2017」を受賞した。スクエア形タイプについても「iFデザイン賞2017」を受賞した。


 特長として、同社独自の最新技術によって開発された新素材により、エッジ先端の薄さ4mmのデザインを実現した。





※プレスリリースより


 洗面ボウル表面には、同社独自の防汚技術「セフィオンテクト」が施されている。
 従来のものは陶器表面に微細な凹凸がたくさんあり、汚れが引っかかりやすかった。
 今回開発された「セフィオンテクト」は陶器表面の凹凸を100万分の1mmのナノレベルで滑らかにする同社独自のクリーン技術で、汚れが付きにくく、落ちやすい仕様となっている。



※プレスリリースより 


 オーバル形は、陶器本来の自然な丸みを活かしつつ、エッジを薄く仕上げたデザインになっている。


 スクエア形は、モダンな建築空間に合うシャープなフォルムでさまざまなデザインの推薦にマッチする。カウンターとの一体感を演出する70mmの低いリムの高さが特長となっている。


 同時発売する自動水栓「アクアオート」は、水の流れをアーチ形状のデザインで表現し、滑らかな吐水を実現。デザインと使いやすさ、最先端の技術を融合したフラッグシップモデルだ。



※プレスリリースより


 シングル混合水栓「ZLシリーズ」は、極限まで磨き上げたエッジ3mmの最薄クラスのスパウト(吐水口)が特長となっている。



※プレスリリースより


 ベッセル式洗面器のオーバル形に自動水栓「アクアオート」、ベッセル式洗面器のスクエア形にシングル混合水栓「ZLシリーズ」を組み合わせることで、上質でデザイン性の高い洗面空間を演出する。


 同社では、新商品はホテル、商業施設、飲食店、ホテルライクな住宅など、デザイン高感度市場をターゲットとしており、上質な空間を追求するお客様におすすめです、としている。

本サイトに掲載されているコンテンツ (記事・広告・デザイン等)に関する著作権は当社に帰属しており、他のホームページ・ブログ等に無断で転載・転用することを禁止します。
引用する場合は、リンクを貼る等して当サイトからの引用であることを明らかにしてください。なお、当サイトへのリンクを貼ることは自由です。ご連絡の必要もありません。

このコラムニストのコラム

不動産売却なら最大6社にて比較

不動産を高く売却するなら
最短45秒の入力で、
全国1,000社以上の
不動産会社が対応!

最短45秒で
不動産売却価格を査定

  • STEP1
  • STEP2
  • STEP3

個人情報の保護

attention 本サービスは売却検討中の方向けの、不動産会社に査定依頼ができるサービスです。

attention 査定依頼後、不動産会社より連絡があります。

Service list サービス一覧