2016年09月14日
りんむじんづ

【不動産売却】高い査定価格が出た! でも、その仲介業者はホントに大丈夫?

りんむじんづ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
いいね
  • LINEで送る
  • facebookでシェアする
  • はてブ
  • google+

閲覧数 294


あなたは不動産売却に当たって、仲介業者A社・B社・C社に査定を依頼しました。


A社の査定価格は2,000万円。B社は2,200万円。C社は2,800万円という回答でした。


「高い金額で売れるなら、ぜひC社にお願いしたい!」

そう思ってしまうかもしれませんが、ちょっと待ってください。


仲介業者が査定価格を算出する方法


査定金額の算出方法は仲介業者によっててんでバラバラなわけではなく、どの業者も同じような観点から不動産をチェックしています。


そのチェックポイントのひとつは、近隣の似たような物件の取引事例です。

近所の築年数や平米数が同じような物件が過去いくらで成約したかということを参考にして「あなたの物件はいくらくらいで売れますよ。多分ね」と言っているわけですね。


もちろん、あなたの物件独自の要件──例えば施工会社やメンテナンス状況、日照なども加味して算出されるので、どの仲介業者も揃って同じ査定価格を提示することはありません。

しかし、参照している過去の取引事例はどの業者も同じですから、査定価格が極端に高い業者は要注意です。


その業者の査定価格はなぜ高いのか?


ひとつは、あなたの物件はその業者の得意分野ではないため相場観がないということが考えられます。

地域密着型で土地や戸建ての取引が得意な隣町の業者に、駅前タワーマンションの査定を依頼してしまったようなケース。

まあこれは「お互いの理解が足りなかったね…」で契約しなければ済む話です。


悪質なのは、仲介業者がわざと高めの査定価格を提示するケース。


業者としてはできるだけ自分のところで物件を抱え込みたいので、高額な査定価格で客を釣る場合があるわけです。

しかし査定価格は売却価格ではありません

高い査定価格を提示したC社と契約したところで、適当な理由をつけて後から「やはり値下げしましょう」と言われてしまうのがオチ。


悪質な業者を見抜く方法


査定価格を提示してもらう際、その金額の根拠となる資料を見せてもらいましょう。

近隣の取引事例はもちろん、訪問査定でどの部分に着目して価格を上げ下げしたのかを説明させてください。

数社の査定内容を比較すると「この業者だけ日照をやけに高評価しているな」などと不審な点が見えてきます。



よほどの理由がない限り、不動産の売買は相場価格で落ち着くものです。

高額な査定価格に惑わされず、誠実な業者と契約してくださいね。


本サイトに掲載されているコンテンツ (記事・広告・デザイン等)に関する著作権は当社に帰属しており、他のホームページ・ブログ等に無断で転載・転用することを禁止します。
引用する場合は、リンクを貼る等して当サイトからの引用であることを明らかにしてください。なお、当サイトへのリンクを貼ることは自由です。ご連絡の必要もありません。

このコラムニストのコラム

不動産売却なら最大6社にて比較

不動産を高く売却するなら
最短45秒の入力で、
全国1,000社以上の
不動産会社が対応!

最短45秒で
不動産売却価格を査定

  • STEP1
  • STEP2
  • STEP3

個人情報の保護

attention 本サービスは売却検討中の方向けの、不動産会社に査定依頼ができるサービスです。

attention 査定依頼後、不動産会社より連絡があります。

Service list サービス一覧