2016年09月14日
りんむじんづ

彼女がその部屋を買わない理由

りんむじんづ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
いいね
  • LINEで送る
  • facebookでシェアする
  • はてブ
  • google+

閲覧数 1865



先日、友人(独身女性)がとある中古マンションの購入を検討しているということで、内見に付き合ってきました。



そのマンションは文句なしの物件。

築浅だし、駅から近いし、周辺環境も良いし、コンシェルジュやゲストルームなどのサービスも充実したタワーマンション。

おまけに現在のオーナーはセカンドハウスとして利用されていたということで、室内は非常に綺麗な状態です。

さらにオーナーのこだわりによってキッチンや壁紙がアップグレードされていて、内装も充実していました。



それが中古価格になっているのだから大変お買い得です。

これは買いでしょう! とワタシは思っていました。



豪華なエントランスや綺麗な室内を見て、友人ももちろん盛り上がりました。

その盛り上がりを見ると即決もありか? と思いましたが一晩考えるとのこと。


そして、熟考の結果は「今回は見送る」というものでした。



彼女がマンションを買わなかった本当の理由


断念した理由を彼女に訊ねてみたところ、駐車場が使いづらそうだというのが気になったそうです。



その物件は都心のタワーマンションで、当然広々とした平面駐車場などではなく機械式駐車場でした。

でも、そのマンションの駐車場が機械式だというのは仲介業者からもらった資料に書いてあることです。それがイヤなら内見せずに最初から購入を見送ってもよかったのでは?



と、マンションのスペックチェックが趣味のワタシは考えてしまうのですが、さて自分がマンションを探し始めた頃はどうだったかということを思い出すと彼女の迷いも理解できます。



マンションを購入しようと考え始めた当初は、何を最優先にするか決めかねている部分がありました。

駅からの距離?

それとも平米数?

はたまた内装?

希望する立地とはちょっと違うけど、間取りは好みだから見てみようかなーとか。

価格が予算オーバーだけど、サービスが充実しているから気になるなーとか。



曖昧でざっくりした希望を抱えたままいろいろなマンションを見て、何軒も回ってようやく「自分の譲れない条件はこれだ」というのが見えた。

そんなことを思い出しました。



恐らく友人もまだ条件を絞り切れていないまま内見し、実は自分にとって駐車場設備の優先順位が高いということに改めて気づいたのだと思います。




不動産を売り出し中で「内見者は来るけどなかなか成約に至らない」と悩んでいるあなた。


内見者は物件の優先順位をまだ決めかねているだけかもしれません。

あなたの不動産をぜひ買いたいという人がきっと現れますから、内見者の迷いを大らかに見守ってあげてください。

本サイトに掲載されているコンテンツ (記事・広告・デザイン等)に関する著作権は当社に帰属しており、他のホームページ・ブログ等に無断で転載・転用することを禁止します。
引用する場合は、リンクを貼る等して当サイトからの引用であることを明らかにしてください。なお、当サイトへのリンクを貼ることは自由です。ご連絡の必要もありません。

このコラムニストのコラム

不動産売却なら最大6社にて比較

不動産を高く売却するなら
最短45秒の入力で、
全国1,000社以上の
不動産会社が対応!

最短45秒で
不動産売却価格を査定

  • STEP1
  • STEP2
  • STEP3

個人情報の保護

attention 本サービスは売却検討中の方向けの、不動産会社に査定依頼ができるサービスです。

attention 査定依頼後、不動産会社より連絡があります。

Service list サービス一覧