2017年04月12日
沼田 順

ソニー銀行で注意すべき事

沼田 順

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
いいね
  • LINEで送る
  • facebookでシェアする
  • はてブ
  • google+

閲覧数 388

ソニー銀行は堅実な銀行だが金利競争は限界局面


ソニー銀行はネット銀行の先駆者的存在であり、現在のネット銀行がここまで広がったのも

ソニー銀行のおかげと言っても過言ではありません。


また、ネット銀行は顧客サービスが行き届かないことが多いですが、ソニー銀行は日経金融機関

満足度ランキングで前回まで1位を獲得するなど、顧客からの支持も得ています。


一方で、ネット銀行では当初独走していた融資ランキングに関しては、ネット銀行の中でそれほど

金利が低くないわりに審査が画一的で厳しいことが嫌気され、伸び悩んでいるのが現状です。


そこでソニー銀行の銀行代理店として、直営の住宅ローンプラザ(東京)やソニー生命などで

対面販売が出来る体制を整えています。


最近の動きを見ると、有人店舗だったメガバンクがネットローンに参入、一方のネット銀行は

有人店舗の拡張と両行のすみ分けが難しくなりつつあります。


銀行代理店となっているソニー生命には要注意


このような動向の中、ソニー銀行の銀行代理店にソニー生命が入っていることに注意する必要が

あります。


ソニー生命はライフプランニングを通して保険を考える、理想としては素晴らしい会社ですが、

これを提案するライフプランナーが保険とともに住宅ローンも販売することになります。


ライフプランニングを考えながら、住宅ローンと保険を提案すること自体は良いのですが、

ライフプランナーにも当然ながら厳しいノルマがあります。


住宅ローンだけを提案してもらうことは難しく、必ず保険のセット販売となることは

想像が付きます。


そうなると金利の低い住宅ローンに入るつもりが、余計な保険にも入っていたということになりかねず、

本末転倒の結果となってしまいます。


ソニー銀行がここまでするのは、結局は金利が低すぎて利ざやがとれず、ソニー生命を抱きかかえなければ

以前ほどの利益が出ないことを物語っています。


また、ライフプランナーが住宅ローンの見直しを迫ってくることも考えられますが、不要であればきっちり

断る勇気も必要です。


以上、ご参考にして頂けますと幸いです。

本サイトに掲載されているコンテンツ (記事・広告・デザイン等)に関する著作権は当社に帰属しており、他のホームページ・ブログ等に無断で転載・転用することを禁止します。
引用する場合は、リンクを貼る等して当サイトからの引用であることを明らかにしてください。なお、当サイトへのリンクを貼ることは自由です。ご連絡の必要もありません。

このコラムニストのコラム

不動産売却なら最大6社にて比較

不動産を高く売却するなら
最短45秒の入力で、
全国1,000社以上の
不動産会社が対応!

最短45秒で
不動産売却価格を査定

  • STEP1
  • STEP2
  • STEP3

個人情報の保護

attention 本サービスは売却検討中の方向けの、不動産会社に査定依頼ができるサービスです。

attention 査定依頼後、不動産会社より連絡があります。

Service list サービス一覧