2017年03月20日
eins_1

不動産会社に仲介を依頼する際の媒介契約とはどのようなものか

eins_1

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
いいね
  • LINEで送る
  • facebookでシェアする
  • はてブ
  • google+

閲覧数 27

媒介契約とは具体的にどういうものか


以前の記事で媒介契約には3つの種類があること及びその特徴を解説しましたが、そもそも媒介契約とは法令・慣例上どういったものと位置付けられているのかについて、今回は解説していきます。不動産会社へ媒介の依頼をした者との間では、会話・相談の中で契約内容が固まっていくという面があることから、言った言わないのトラブルになりがちであるということがあり、媒介についての契約関係・内容と不動産会社の責任の所在を明らかにしておくべく様々な規制が設けられています。まず、媒介契約の前提とも言える条件として、売主または買主からの依頼内容については必ず書面化することが不動産会社には義務付けられています。媒介契約書面は媒介契約を締結した後、遅滞なく作成し、不動産会社側が記名押印した上で依頼者に交付されなければなりません。


媒介契約書に記載する事項について


媒介契約書に記載する事項としては、法令により以下のように定められています。


・宅地、建物を特定するために必要な表示(所在、面積等)
・宅地、建物を売買すべき価額、評価額
・媒介契約の類型(一般、専任等の別)
・媒介契約の有効期間、解除に関する事項
・指定流通機構への登録に関する事項
・報酬に関する事項(報酬、支払時期等)
・その他国土交通省令等で定める事項
┗専任媒介契約のおいて専任義務に違反した場合の措置
┗専属専任媒介契約において、依頼者が、宅建業者が探索した相手方以外の者と売買または交換の契約をしたときの措置
┗明示型一般媒介契約において明示義務に違反した場合の措置
┗標準媒介契約約款に基づくものか否かの別

なお、上記の記載事項2列目にあたる「宅地、建物を売買すべき価額、評価額」について不動産会社が意見を述べるときは根拠を示さなければならないとされています。また、媒介契約は通常3ヶ月の有効期限で締結され、自動更新の特約が付されていない限りは依頼者の意向によってのみ更新されます(自動更新の特約は一般媒介契約においてのみ可能)。

本サイトに掲載されているコンテンツ (記事・広告・デザイン等)に関する著作権は当社に帰属しており、他のホームページ・ブログ等に無断で転載・転用することを禁止します。
引用する場合は、リンクを貼る等して当サイトからの引用であることを明らかにしてください。なお、当サイトへのリンクを貼ることは自由です。ご連絡の必要もありません。

このコラムニストのコラム

不動産売却なら最大6社にて比較

不動産を高く売却するなら
最短45秒の入力で、
全国1,000社以上の
不動産会社が対応!

最短45秒で
不動産売却価格を査定

  • STEP1
  • STEP2
  • STEP3

個人情報の保護

attention 本サービスは売却検討中の方向けの、不動産会社に査定依頼ができるサービスです。

attention 査定依頼後、不動産会社より連絡があります。

Service list サービス一覧