2017年01月10日
村瀬仁彦(むらせよしひこ)

【Vol.5】マンションに住む上で、大切な法律とは?

村瀬仁彦(むらせよしひこ)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
いいね
  • LINEで送る
  • facebookでシェアする
  • はてブ
  • google+

閲覧数 233

さて、今回はコラム第5弾です!

前回のつづきです。

僕が訪れたご相談者のマンションには、複数の外国人がたくさんいました(※【Vol.4】参照)。もちろん、物件を所有しているならば、どう活用するかは原則は自由です。ただ、マンションに関しては、少し把握しておいた方がよさそうなルールがあります。それは・・・









たまたま僕のご相談者は、たくさんの外国人を住まわせていたのですが、ここには他の法律も含め、いくつか問題が絡んでくる大きな問題ではあります。



ちょっとその前に、確認しておかなければいけないのは、このようないわゆる‘マンション’と呼ばれる物件に住む場合、実際の生活上も、また、行政手続きを遂行する上でも、問題になることもあるということです。





今日は、少しだけ、硬いコラムになりそうですね(笑)





分譲マンションでいうと、たとえば今回のように、自分の所有する部屋それ自体は、所有者が自由に活用できます。でも、マンションをイメージすると、「部屋」だけでなく、その「敷地」なども含めて使えないといけません。





そこで、法律で、このような建物と敷地などの管理についてルールを決めておこうとしました。





その法律とは、区分所有法。正式名称は、「建物の区分所有等に関する法律」。

ところで、今回のケースだと、「居住用」物件で「事業」を開始しようとするため、「管理組合規約」に反するものだったわけです。





「管理組合規約」とは?





マンションといっても、規模、使用方法、地域色やそれぞれの物件の状況によって、全然違います。

区分所有法は、このような個々の状況を前提に、各マンションごとに「管理規約」というルールを定めることができるとしています。簡単にいえば、より快適な生活を居住者が過ごせるように、みんなでルールをつくって守りましょうというものですね。僕の住んでいるマンションにも、当然、管理組合があり、規約があります(みたことないけれど 笑)。



法律上、絶対に定めなければいけない事項もありますが、実務上はむしろ、「任意に定めることのできる事項」、このチェックが大切です。たとえば、居住者が一緒に使う集会室などの「使用方法」がこれにあたります。また、「使用細則」といって、もし自分の部屋をリフォーム工事するなどの場合にも、使用に制限がかかっていることが多いですね。




・・・と、ここまで硬い文章で簡単にまとめてみましたが、いかがでしょうか?

そして、問題は「所有」していれば、何をしてもいいと思って、このような「みんなでつくったルール」に違反しているケースが散見されるという事実です。






(第6回につづく)




本サイトに掲載されているコンテンツ (記事・広告・デザイン等)に関する著作権は当社に帰属しており、他のホームページ・ブログ等に無断で転載・転用することを禁止します。
引用する場合は、リンクを貼る等して当サイトからの引用であることを明らかにしてください。なお、当サイトへのリンクを貼ることは自由です。ご連絡の必要もありません。

このコラムニストのコラム

[PR]

  • 人材紹介2
  • カカクコム
  • 人材紹介1
  • 株式会社MFS

不動産売却なら最大6社にて比較

不動産を高く売却するなら
最短45秒の入力で、
全国1,000社以上の
不動産会社が対応!

最短45秒で
不動産売却価格を査定

  • STEP1
  • STEP2
  • STEP3

個人情報の保護

attention 本サービスは売却検討中の方向けの、不動産会社に査定依頼ができるサービスです。

attention 査定依頼後、不動産会社より連絡があります。

Service list サービス一覧