2017年01月31日
水野 圭子

安心して売却を依頼できる不動産会社選びとは?③(担当者の選び方)

水野 圭子

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
いいね
  • LINEで送る
  • facebookでシェアする
  • はてブ
  • google+

閲覧数 58

こんにちは、家計の応援団である、1級ファイナンシャル・プランナーの水野圭子です。

さて、安心して不動産売却を依頼できる不動産会社選びとは?の第3回目は、複数の不動産会社からどう見定めたら良いのかを見てみましょう。


不動産売却の成功というと希望価格で売れることですが、その間にストレスなく安心してやり取りしていきたいですね。

そのためにも、どの不動産会社に、どの担当者にお任せするかで大きく変わってくるのですね。


さて、いくつかチェックするポイントを挙げてみました!


■不動産会社として安心して任せられる会社かどうか?

◎近隣での販売実績がどのくらいあるか?
◎店舗は訪問しやすい場所にあるか?
◎どのような売却活動をしてくれるのか?
 大型チラシや折込チラシ、宅配チラシ、自社ネットワークや店舗紹介、不動産流通機構(REINS)に登録など
◎写真掲載数はどのくらいか?HPの掲載は見やすいか?
◎物件紹介の広告の打ち出し方はどうか?


■担当者を選ぶ時のポイントは?

◎清潔感があり、誠実で信頼できそうか?
◎売主側の話を聞いてくれるか?
◎フットワークは軽いかどうか?
◎地域の開発状況などの情報も知っているか?
◎売買に対しての知識も豊富でわかりやすい伝え方かどうか?
◎宅地見物取引主任者かどうか?


わが家も一括査定をした5社の内、査定額を持参してきた不動産会社の大手4社とお会いし、最終的に1社に決めました。


1.すぐに見積額を持参してきたフットワーク軽いA社の若い担当者(3人で訪問)

2.営業マンバリバリで専任契約を勧められた。書類はファイルもなし。(新人を引き連れてきた)

3.書類などをバインダーにまとめ、売り込み営業もなく査定額を案内してくれたあ。(二人で訪問)

4.印象に残っていないが、査定額の資料を持参してくれた


1と3で悩みましたが、最終的には3に依頼!

すごく丁寧で販売活動も熱心にやってくれて、選択した不動産会社にお任せして良かったと感じております。


大手と地元の不動産屋さんとを比較するとどうでしょうか?と迷われる方もいらっしゃるかもしれません。


地方によって違いはあるかもしれませんが、私は宣伝力、販売力のある大手の方が影響力は大きいと感じますよ。


また、不動産会社の仲介をお願いするのも3種類あるのはご存知ですか?

次回はこの3種類「一般媒介」、「専任媒介」、「専属専任媒介」に触れていきましょう^^

本サイトに掲載されているコンテンツ (記事・広告・デザイン等)に関する著作権は当社に帰属しており、他のホームページ・ブログ等に無断で転載・転用することを禁止します。
引用する場合は、リンクを貼る等して当サイトからの引用であることを明らかにしてください。なお、当サイトへのリンクを貼ることは自由です。ご連絡の必要もありません。

このコラムニストのコラム

不動産売却なら最大6社にて比較

不動産を高く売却するなら
最短45秒の入力で、
全国1,000社以上の
不動産会社が対応!

最短45秒で
不動産売却価格を査定

  • STEP1
  • STEP2
  • STEP3

個人情報の保護

attention 本サービスは売却検討中の方向けの、不動産会社に査定依頼ができるサービスです。

attention 査定依頼後、不動産会社より連絡があります。

Service list サービス一覧