2017年06月08日
正田きよ子

書評:『<狭さ>の美学 草庵・茶室・赤ちょうちん』狭小住宅の利点

正田きよ子

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
いいね
  • LINEで送る
  • facebookでシェアする
  • はてブ
  • google+

閲覧数 457

 

 

 ■作品:〈狭さ〉の美学 草庵・茶室・赤ちょうちん
 著者:近藤 祐
 四六判 / 219ページ / 並製
 定価:1,800円 + 税
 ISBN978-4-7791-7088-1 C0321
 奥付の初版発行年月:2017年04月
 
書店発売日:2017年04月14日


本書『<狭さの美学>』は、サブタイトルに「草庵・茶室・赤ちょうちん」とあるように、「狭い建物」だからこその「良さ」について解説をしています。

平安時代の歌人 鴨長明は、現在の四畳半よりすこし広いぐらいの一間、「方丈庵」で晩年を送りました。一見、窮屈な生活を想像しますが、そこで寝起きするだけではなく、つぎ琵琶や折琴といった趣味の楽器を置く余裕さえもありました。
安土桃山時代、茶道を確立した千利休は「茶室」を独自の様式として完成させます。その広さは四畳半、なかには二畳という極小のものがあったそうです。
そして現代、居酒屋の「赤ちょうちん」は広いテーブル席ではなく、狭いカウンターこそがメイン座席です。
これらの建物に共通する「狭さ」は、決してマイナス要素ではありません。



さて、私たちが、マイホームを選ぶとき、広い家と狭い家ではどちらが良いでしょうか?
「ホームパーティーができるような広いリビングがあったらいいな」
「子ども一人ずつに子ども部屋を用意してあげたいな」
「寝室以外に書斎もあったらいいな」
「趣味の音楽や映画を一人でじっくり鑑賞できるオーディオルームがあったらいいな」
などと、マイホームで繰り広げられる家族との新しい生活に思いをめぐらすと、自然と思い描いた家は広くなっていくものです。

私はファイナンシャル・プランナーとして、マイホーム取得の相談に乗る際、「もう少し狭い家にしてはどうか」という提案を、しばしばお客様にします。

住宅にかかるお金は、教育費、老後費とともに、人生の三大支出といわれています。
家が広ければ広いほど、家賃、家の購入費や建築費は高くなります。つまり住宅費が膨らみます。
私たちは、限られた収入のなかでこの3つの支出をまかなわなければなりません。住宅費が予算オーバーとなれば、他の支出を切迫してしまいます。これでは理想のマイホームに住んだとしても、人生を安心して楽しく過ごせなくなってしまいます。

そういった「家の広さ」にとらわれず、方丈庵や茶室が持っている「良い狭さ」を取り入れることで、快適な生活をおくることができるのではないかと考えました。


方丈庵のように、コンパクトに住むこと

限られた広さの家は、当然収納スペースも限られます。そのため、必要なもの不要なものの取捨選択が必須になります。広い家ではものを捨てる必要性がないため、ついつい不要なもので溢れてしまいがちです。物が少なく整理整頓されたスッキリとした家のほうが、暮らしやすいのではないでしょうか?広い一軒家に一人住まいだった親が亡くなって、遺族が遺品整理をすると、あまりにも物が多く大変だったという話はよく聞きます。



茶室のように、狭いがゆえに家族の団らんが生まれる


茶室のように狭い空間だからこそ、家族同士の距離が縮まります。家族それぞれに個室があると、食事が終われば各自の部屋へとなってしまうかもしれません。個室がなく、部屋数も少なければ、家族は食事後もそこに残ります。家事をしている傍らで勉強をしたり、くつろいだり、とならざるを得ません。狭い家だからこそ家族の団らんが生まれるのです。


私は昨年マイホームを建て、前に住んでいたところと比べると、かなり広くなりました。「広々していいね」と訪れた人は言うのですが、広いが故に快適と言えないことが多々あることを実感しています。

例えば、広くなったことで掃除をする範囲が増えました。マイホームなのだからキレイに保ちたいと思いながら、働く主婦としては掃除に割ける時間も限りがあります。
また、部屋数が多くなったことで、照明やエアコンの数が増え、光熱費が高くなりました。これは結構痛いです…。

もし、次にマイホームを探す機会があったら、私は家の広さよりも「利便性」を優先したいと思っています。仕事場から遠くて広い家よりも、近くて狭い家が良いです。余分な広さは、私の生活には持て余してしまい、ストレスを感じてしまうとも感じています。



とはいえ、マイホームに求めるものは人それぞれで正解は一つではありません。私とは反対で、仕事場から遠くても広い家が良いと考えるのも自由です。
マイホーム探しをするとき、その選択肢は広さや家賃、価格だけではありません。周りの環境や家族との付き合い、自分の仕事などとの兼ね合いで、様々な選択肢があるのだということを念頭におき、本当の意味での快適な住まいを探しましょう。

<狭さ>の美学はその究極において、<狭さ>という「かたち」をも否定するのではないか。(中略)<狭さ>の美学とは、具体的に空間の創出や倫理ではなく、「私」が「私たち」であるための生き方であり、戦略なのであろう。

と本書は結ばれています。
現実的な広さ(平米数)で、マイホームを狭い広いと判断している私はドキッとしました。

<狭さ>の美学とは、なかなか深いものでした。

本サイトに掲載されているコンテンツ (記事・広告・デザイン等)に関する著作権は当社に帰属しており、他のホームページ・ブログ等に無断で転載・転用することを禁止します。
引用する場合は、リンクを貼る等して当サイトからの引用であることを明らかにしてください。なお、当サイトへのリンクを貼ることは自由です。ご連絡の必要もありません。

このコラムニストのコラム

不動産売却なら最大6社にて比較

不動産を高く売却するなら
最短45秒の入力で、
全国1,000社以上の
不動産会社が対応!

最短45秒で
不動産売却価格を査定

  • STEP1
  • STEP2
  • STEP3

個人情報の保護

attention 本サービスは売却検討中の方向けの、不動産会社に査定依頼ができるサービスです。

attention 査定依頼後、不動産会社より連絡があります。

Service list サービス一覧