2017年02月15日
FPサテライト 町田萌

駅から離れた物件が有利になる!ペット共生型の人気物件とは

FPサテライト 町田萌

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
いいね
  • LINEで送る
  • facebookでシェアする
  • はてブ
  • google+

閲覧数 111

FPサテライトの町田萌です。


日本では駅から離れた物件は利便性が悪く、空室リスクが高いとされています。

しかし、その空室リスクをメリットに変えるリノベーションがありました。



ペットを飼える物件にする


特に犬の飼い主は、散歩のしやすい閑静な住宅街を希望する人も多いようです。

そのため、駅から離れていることがメリットになります。


ペット可の物件は数が少なく、条件にあったペット可の物件を探すのは難しいようです。


ペットが飼える物件であったとしても、大きさなど飼えるペットが制限されていたり、家賃や敷金が高くなることも。

我が家のマンションも、ペットを飼うことは可能ですが、ペットを飼う場合は敷金が2倍になります。また、共有スペースではペットを抱えて移動しなければならないなどのルールがあり、実質的に大きなペットを飼うことができません。


ペットを飼いやすい物件にすることで、駅から離れた物件も空室リスクが下がったり、売却する際も有利になるかもしれません。



ペット共生型のシェアハウスが急成長中!


ペットを飼える物件であったとしても、一人暮らしの方だと飼育に不安を感じてしまうようです。


その不安を解消する物件として人気を集めているのが、「ペット共生型シェアハウス」です。


シェアハウスは、台所やリビングを共同で利用し、寝る場所がプライベートスペースとなっている住まいです。

昔主人が住んでいたシェアハウスは、ベッドのみがプライベートスペースだったそうですが、法律の改正もあり、今は個室のあるシェアハウスが主流かと思います。


シェアハウスであれば、単身の飼い主が留守にしていても、他の住民にお世話をお願いすることができます。



オーナーにも様々なメリットが


ペット共生型シェアハウスのメリットは、駅から遠い物件に入居者が入るだけではありません。


その他のメリットとして

・4LDK以上の広い物件でも貸し出しやすい

・通常のシェアハウスは1人あたりの居住期間が短いが、ペット共生型にすれば居住期間が長くなる


などが挙げられます。



駅から離れた場所で、広い物件をお持ちで困っている方、売却以外に、ペット共生型シェアハウスにリノベーションすることも視野にいれてみてはいかがでしょうか?


関連記事

実録!シェアハウスの実態!シェアハウスのリスクとは

本サイトに掲載されているコンテンツ (記事・広告・デザイン等)に関する著作権は当社に帰属しており、他のホームページ・ブログ等に無断で転載・転用することを禁止します。
引用する場合は、リンクを貼る等して当サイトからの引用であることを明らかにしてください。なお、当サイトへのリンクを貼ることは自由です。ご連絡の必要もありません。

このコラムニストのコラム

不動産売却なら最大6社にて比較

不動産を高く売却するなら
最短45秒の入力で、
全国1,000社以上の
不動産会社が対応!

最短45秒で
不動産売却価格を査定

  • STEP1
  • STEP2
  • STEP3

個人情報の保護

attention 本サービスは売却検討中の方向けの、不動産会社に査定依頼ができるサービスです。

attention 査定依頼後、不動産会社より連絡があります。

Service list サービス一覧