2017年02月15日
元国税局職員  くらた

ふわふわ確定申告〜確定申告書Bの世界2〜

元国税局職員 くらた

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
いいね
  • LINEで送る
  • facebookでシェアする
  • はてブ
  • google+

閲覧数 639






元  国税局職員 くらたです。

がさ入れの時に最初に見るのは、『トイレの水のタンク』です。







前回は、画像の②までやりました。







本日は③の解説を。











③は、『収支内訳書』といいます。

個人事業の白色申告の方が使います。事業所得に該当します。

なぜ、事業所得の説明をするかというと、日本の労働者はほとんどが給与所得なんですね。

その次に多いのが、事業所得。

読者の方は、そこに譲渡所得が加わるパターンが多いのではないかなと。

これ、容易に推察できるわけなんですね。

なので、前々回の給与所得に続いて(確定申告書Aの回)、事業所得の機会を設けた、というわけなんですね。

そして、確定申告には、白色申告と青色申告がありまして、白色の方がまあイージーです。

個人事業を始めたばかりだと、白色にする方が多いです。

青色は、さまざまな優遇が受けられる分、複式簿記で帳簿を作成するなど、条件が厳しくなっているんですね。

まず「複式簿記で帳簿を作成する」という文言が難しいのに、さらにそれを実行するなんて、きのうきょう個人事業界にやってきた人々には難解の極みです。

ブルーリターンなどの帳簿作成ソフトのアシストがあれば、本やネットで自己研鑽した上で可能かもしれませんね。

でも、初心者は、白色が無難です。青色が、お得なのは間違いないですが…





話を戻します。『収支内訳書』の書き方を案内します。

この紙を何のために書くかというと、収入と経費を記入して、事業所得を求めるために書きます。

終わったら、結果を④に書き写します。

『収支内訳書』の項目を大きく分けるとこんな感じです。

イメージできますでしょうか。







『収支内訳書』を書くためには、領収証や帳簿が必要です。
毎月、それらを整理し記帳して、年始になったら確定申告書の作成にとりかかる。
このような、サイクルを作っていただくと、健康的な確定申告を行うことができます。
この機会に、検討をお願いいたします。
読者の方が、少しでも健康、且つ、有利な納税を行えますよう願っております。

次回は、みんな大好き『控除』の世界をお送りします。



免責

記事の内容は投稿時点での税法、会計基準、会社法その他の法令に基づいています。また、読者が理解しやすいように、言い回しや用語を変更しています。記事に基づく情報を使って実務を行う場合は、専門家に相談するか、関係法令をお調べください。本情報の利用により損害が発生することがあっても、一切責任を負いかねます。



本サイトに掲載されているコンテンツ (記事・広告・デザイン等)に関する著作権は当社に帰属しており、他のホームページ・ブログ等に無断で転載・転用することを禁止します。
引用する場合は、リンクを貼る等して当サイトからの引用であることを明らかにしてください。なお、当サイトへのリンクを貼ることは自由です。ご連絡の必要もありません。

このコラムニストのコラム

[PR]

  • 人材紹介1
  • 人材紹介2
  • 株式会社MFS

不動産売却なら最大6社にて比較

不動産を高く売却するなら
最短45秒の入力で、
全国1,000社以上の
不動産会社が対応!

最短45秒で
不動産売却価格を査定

  • STEP1
  • STEP2
  • STEP3

個人情報の保護

attention 本サービスは売却検討中の方向けの、不動産会社に査定依頼ができるサービスです。

attention 査定依頼後、不動産会社より連絡があります。

Service list サービス一覧