2018年05月17日
毎日が特別な日!こじつけ住宅記念日

5月17日は「石原裕次郎デビュー作『太陽の季節』公開日」です。

毎日が特別な日!こじつけ住宅記念日

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
  • facebookでシェアする
  • はてブ
  • google+

5月17日は「石原裕次郎デビュー作の日活映画『太陽の季節』の公開日」である。「太陽の季節」は、石原裕次郎の2歳年上の兄・石原慎太郎による短編小説が原作の映画だ。


裕福な家庭に育った若者が酒や賭博に溺れ、性に乱れる様子を通して、既成の倫理に反発しながら生きる若者たちを表現し、「太陽族」という流行語を生み出すほど大きな反響を呼んだ。


石原裕次郎は1934年、汽船会社重役の父・潔と母・光子の次男として兵庫県神戸市に生まれた。父の転勤で幼少期を北海道小樽市で過ごした後、神奈川県逗子に移る。青春時代はヨットや模型飛行機作りに情熱を注いだ。その後、慶應義塾高校に入学するも、17歳の時に父が急死。怪我によってバスケットボールも断念することになり、放蕩生活が始まる。


慶應大学法学部に進学したものの荒れた生活は続き、俳優を目指しながらもオーディションでは不合格の結果に終わった。しかし1956年、当時22歳で遊び人だった裕次郎は、兄・慎太郎の推薦もあり主人公の友人役として抜擢され、出演することになる。その堂々とした佇まいは脇役ながらも圧倒的な存在感を放ち、瞬く間に注目を浴びた。




湘南の海(画像=スマイスターMagaZine Biz編集部撮影)



撮影当時、映画のロケ地には、裕次郎が9歳の頃に移り育った逗子の町や海岸をはじめ、放蕩時代の遊び場であった銀座、上野や東京駅、三浦半島の油壺が使われた。湘南・逗子の海で鍛えた腕を生かして、ヨット技術の指導者としても制作に関与したという。


「太陽の季節」の後に制作された姉妹作であり、裕次郎の本格出演作品となった「狂った果実」でも逗子や葉山、藤沢、鎌倉など、湘南エリアの名所がロケ地となっている。後の妻となる女優・北原三枝(石原まき子)との共演もみどころで、今なお多くのファンの心に焼き付いている。


裕次郎の愛妻家ぶりは有名で、世田谷成城にある石原裕次郎邸には妻・まき子のためのメイクルームも作ったという。


52歳という若さで他界した石原裕次郎。スクリーンに映るフレッシュでヤンチャな裕次郎の姿を、彼のルーツとも言える62年前の湘南エリアの光景と共に、今一度鑑賞してみるのもいいだろう。


(敬称略)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

閲覧数 240

  • LINEで送る
  • facebookでシェアする
  • はてブ
  • google+

本サイトに掲載されているコンテンツ (記事・広告・デザイン等)に関する著作権は当社に帰属しており、他のホームページ・ブログ等に無断で転載・転用することを禁止します。
引用する場合は、リンクを貼る等して当サイトからの引用であることを明らかにしてください。なお、当サイトへのリンクを貼ることは自由です。ご連絡の必要もありません。

このコラムニストのコラム

menu

不動産売却なら最大6社にて比較

不動産を高く売却するなら
最短45秒の入力で、
全国1,400社以上の
不動産会社が対応!

最短45秒で
不動産売却価格を査定

  • STEP1
  • STEP2
  • STEP3
  • STEP4

個人情報の保護

attention 本サービスは売却検討中の方向けの、不動産会社に査定依頼ができるサービスです。

attention 査定依頼後、不動産会社より連絡があります。

Service list サービス一覧