2017年03月21日
ケンギート

キャッシュの取得に苦労。

ケンギート

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
いいね
  • LINEで送る
  • facebookでシェアする
  • はてブ
  • google+

閲覧数 31



外国では、現金を支払うことができず、物品を代わりに担保として債権者に譲渡することは多いものです。それには、車、電子レンジ、そして、冷蔵庫までといろいろです。高級な車はあるにしても、冷蔵庫は日本人からするとあり得ない事のように思えます。日本では、キャッシュを手に入れるために担保として最も有効なのが土地です。そして、動産であるなら株、有価証券が有効な担保になります。

 

ただ、外国に負けず劣らずと日本でも面白いものが担保となります。それが、骨とう品、宝石、あるいは価値ある何らかの品物も担保となります。もちろん、それらは大した金額にはなりませんが、今!キャッシュが必要だということでこれらを質屋に出してキャッシュを手に入れることは日本でもありうる現状となってきています。


東京では、24時間営業の質屋が存在しており、いつでもキャッシュが手に入るということで、重宝されています。いずれにしてもキャッシュを手に入れることには苦労が伴います。



 

 

当たり前のことですが、マンションや家などを建てることには、建ててもらう側と建てる側に資金力が求められるものです。そこで、銀行に融資をしてもらう必要があります。もちろん、それだけのキャッシュがあれば、問題のないことですが。そこで、キュッシュがない場合に家やマンションを建てるための方法の一つが、すでに持っている土地を担保にして、銀行からキャッシュを手に入れて建ててもらう方法です。また、建てる側が次の建設のために必要な資金を方法は、建設中(マンションのような大きな建物の場合)の建物を担保にして、キャッシュを取得して建てることです。というのが、建設中は、建設会社がその建物の所有者である規定があるから可能なのです。つまり、最終の印鑑を建設依頼したお客さんからもらって、その建物は建設依頼した側のものとなります。



 

ただ、バブル以降、土地の価値に関して厳しい、審査をするようにした銀行から融資を得ることは簡単ではありません。そこで、農家などがよく取る手段がJA共済から融資してもらうことです。その名の通り、共済ですから農家や個人事業主からの助けがあってこその共同体なので、比較的、融通がきき融資が取りやすいということで銀行より共済からキャッシュを取得するパターンもあります。個人事業主や農家の収入は時期によりばらつきがありますから、このようなサービスがあることは大きな助けになっています。



 

大きなキャッシュが必要な場合は、苦労するものです。

本サイトに掲載されているコンテンツ (記事・広告・デザイン等)に関する著作権は当社に帰属しており、他のホームページ・ブログ等に無断で転載・転用することを禁止します。
引用する場合は、リンクを貼る等して当サイトからの引用であることを明らかにしてください。なお、当サイトへのリンクを貼ることは自由です。ご連絡の必要もありません。

このコラムニストのコラム

ケンギートプロフィール写真

地下と不動産

ケンギート

閲覧数 23

不動産売却なら最大6社にて比較

不動産を高く売却するなら
最短45秒の入力で、
全国1,000社以上の
不動産会社が対応!

最短45秒で
不動産売却価格を査定

  • STEP1
  • STEP2
  • STEP3

個人情報の保護

attention 本サービスは売却検討中の方向けの、不動産会社に査定依頼ができるサービスです。

attention 査定依頼後、不動産会社より連絡があります。

Service list サービス一覧