2018年08月08日
元不動産営業マン梶本の、結果を残す営業術

売主宅への定期訪問、上手な口実とは(続き)

元不動産営業マン梶本の、結果を残す営業術

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
  • facebookでシェアする
  • はてブ
  • google+

>>1ページ目に戻る



つまり、

直接、頻繁にお目にかからないと信頼を得にくいが、お目にかかる口実がない

という状況に陥り、高値の販売価格を見直していただくことも出来ず、売れ残り物件になってしまいます。


そこで「媒介受託時、週1回の売主訪問を約束」という手法が効いてくるのです。

高値で媒介を受ける時、売主様に対して、「ありがとうございます。ご期待にお応え出来るよう全力を尽くします。そこで、1つだけ私と約束して頂けませんか?販売開始後は1週間に1回、必ず私と会っていただきたいのです。二人三脚で販売活動を行う以上、しっかりとした営業報告と、今後の販売施策についてその都度、ご説明を聞いて下さい」と、お約束を頂ければ、訪問する口実に悩む事もなくなり、売主様の信頼を得られる可能性が高まります。


週1回の売主訪問が「多すぎて無理だ」と思われた方は、2週間に1回や3週間に1回で構いませんので、売主様と定期的にお目にかかるよう受託時に約束して下さい。

きっと、売りから案件を組み立てて行くことが容易になる筈ですから。



■本日の格言

・やはり売買仲介営業は「売り」から考えろ!

・信頼得るための訪問を自らに課そう!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

閲覧数 177

  • LINEで送る
  • facebookでシェアする
  • はてブ
  • google+

本サイトに掲載されているコンテンツ (記事・広告・デザイン等)に関する著作権は当社に帰属しており、他のホームページ・ブログ等に無断で転載・転用することを禁止します。
引用する場合は、リンクを貼る等して当サイトからの引用であることを明らかにしてください。なお、当サイトへのリンクを貼ることは自由です。ご連絡の必要もありません。

このコラムニストのコラム

menu

不動産売却なら最大6社にて比較

不動産を高く売却するなら
最短45秒の入力で、
全国1,400社以上の
不動産会社が対応!

最短45秒で
不動産売却価格を査定

  • STEP1
  • STEP2
  • STEP3
  • STEP4

個人情報の保護

attention 本サービスは売却検討中の方向けの、不動産会社に査定依頼ができるサービスです。

attention 査定依頼後、不動産会社より連絡があります。

Service list サービス一覧