2018年06月13日
元不動産営業マン梶本の、結果を残す営業術

査定書に載せる項目と解説<続き>

元不動産営業マン梶本の、結果を残す営業術

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
  • facebookでシェアする
  • はてブ
  • google+

>>1ページ目に戻る



査定書の会社案内ページに記載する事柄


・店舗の写真

⇒非常に失礼な話ですがお名前の通っていない会社の場合、売り主様からは「本当にこんな会社存在するの?」と思われてしま可能性があります。そのような疑念を払拭するためにも、店舗写真は必ず入れて下さい。


・代表挨拶及び、写真

⇒社長や店長等、営業責任者の顔写真と挨拶文を掲載します。この挨拶文の中には、「営業責任者として、担当営業社員を選任した理由」も記載して下さい。また、写真はネクタイ・上着着用で撮影していただき、ラフな服装は避けた方が賢明です。


・担当営業及び、写真

⇒担当営業の挨拶には、その地域での取引実績や保有資格等、売主様の安心に繋がる情報を記載しましょう。間違っても「好きな食べ物」や「学生時代経験したスポーツ」「座右の銘」「尊敬する人物」等、不動産の売却に関係のないことは載せないで下さい。


・会社の特徴・沿革等

⇒あなたの会社の特徴(他社よりも優れている点)や沿革等もしっかり記載して下さい。この部分でも「売主にアピールできる事柄」を記載し、「夢のマイホームが云々」のように、買主向けの文章は入れないで下さい。


・あなたの不動産を高く売る事のできる理由

⇒他社に依頼するよりも、あなたの会社に依頼する方が高く売れる理由を説明して下さい。


上記の通り、不動産価格査定書は「査定価格」、「成約事例」、「計算式」の記載も大切ですが、まずは会社案内ページを充実させて、「おっ!この会社は信頼出来そうだな」と感じて頂けるようにしましょう。



■本日の格言

・「買い」の客は物件しだいで誰でも売れるが、「売り」は信頼が全て!

・査定書には丁寧な会社案内を書いて安心させろ!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

閲覧数 330

  • LINEで送る
  • facebookでシェアする
  • はてブ
  • google+

本サイトに掲載されているコンテンツ (記事・広告・デザイン等)に関する著作権は当社に帰属しており、他のホームページ・ブログ等に無断で転載・転用することを禁止します。
引用する場合は、リンクを貼る等して当サイトからの引用であることを明らかにしてください。なお、当サイトへのリンクを貼ることは自由です。ご連絡の必要もありません。

このコラムニストのコラム

menu

不動産売却なら最大6社にて比較

不動産を高く売却するなら
最短45秒の入力で、
全国1,400社以上の
不動産会社が対応!

最短45秒で
不動産売却価格を査定

  • STEP1
  • STEP2
  • STEP3
  • STEP4

個人情報の保護

attention 本サービスは売却検討中の方向けの、不動産会社に査定依頼ができるサービスです。

attention 査定依頼後、不動産会社より連絡があります。

Service list サービス一覧