2018年04月04日
元不動産営業マン梶本の、結果を残す営業術

「片付けてから売りたい」という売り主の本音をくみ取る応酬話法

元不動産営業マン梶本の、結果を残す営業術

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
  • facebookでシェアする
  • はてブ
  • google+

毎週水曜日配信、「元不動産営業マン梶本の、結果を残す営業術」





業界歴21年、不動産会社専門コンサルタント 梶本幸治さんが、デキる営業の心得、成功している不動産会社の特徴を紹介します。


「片付けてから売りたい」と考える売り主の本音をくみとる応酬話法をご紹介します。(スマイスターMagaZine Biz編集部)




(画像=写真AC)



今は、「スマイスター」さんをはじめとして、数々の不動産一括査定サイトがございますので、売主からの問い合わせは1万円ちょっとで買うことができるようになりました。

私が不動産業界に入った頃(平成8年)は、不動産の売主様から「査定して欲しい」という依頼を頂く事は至難の業でした。

では、不動産営業が楽になったのかというと、そうでもありません。


昔は、査定にまで漕ぎ着けられれば受託の可能性が高かったものですが、今は「その他大勢の一社」として売主様との関係がスタートすることが多く、査定や訪問を済ませたからといって受託に繋がるとは限りません。


そこで重要になるのは、売主に対する提案力…もっと簡単に申しあげると「売主様との会話」です。

私は、この「不動産売主様との応酬話法」の習得には力を入れており、コンサルティングの依頼をいただいている各クライアントへは「売主様への応酬話法 想定問答集」をお渡しし、日々練習を重ねていただいています。


応酬話法の練習と申しましても、以前「受託率が上がる!?不動産査定報告時に知っておきたいトーク術」でご説明した通り、売主様の売却理由を聞き出す事に主眼を置いています。


売却理由についてのヒアリングが重要だとはいっても、最低限の応酬話法は必要になります。

例えば、この記事のタイトルにあるように「室内を片付けてから売りにだしたい」という売主様に対しては、どう切り返しますか?


一般的には次のような応酬話法が考えられます。

1.売りに出してもスグに売れる訳ではないので、取りあえず販売をスタートさせましょう。

2.室内に家具等があった方が生活のイメージが湧きやすくなりますから、今のままで結構ですよ。

3.購入希望のお客様は、室内に荷物があってもそんなに気にされませんから大丈夫ですよ。


どの応酬話法も特段の問題はないように感じますよね。しかし、上記1~3の応酬話法は、売主様の「室内を片付けてから売りたい」とういう言葉の裏にある気持ちをくみとっているでしょうか?



>>続き:売主の本音を汲み取る応酬話法とは?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

閲覧数 591

  • LINEで送る
  • facebookでシェアする
  • はてブ
  • google+

本サイトに掲載されているコンテンツ (記事・広告・デザイン等)に関する著作権は当社に帰属しており、他のホームページ・ブログ等に無断で転載・転用することを禁止します。
引用する場合は、リンクを貼る等して当サイトからの引用であることを明らかにしてください。なお、当サイトへのリンクを貼ることは自由です。ご連絡の必要もありません。

このコラムニストのコラム

menu

不動産売却なら最大6社にて比較

不動産を高く売却するなら
最短45秒の入力で、
全国1,400社以上の
不動産会社が対応!

最短45秒で
不動産売却価格を査定

  • STEP1
  • STEP2
  • STEP3
  • STEP4

個人情報の保護

attention 本サービスは売却検討中の方向けの、不動産会社に査定依頼ができるサービスです。

attention 査定依頼後、不動産会社より連絡があります。

Service list サービス一覧