2018年03月14日
元不動産営業マン梶本の、結果を残す営業術

お客様からメール返信をもらう方法!不動産の追客メールひな型大公開!

元不動産営業マン梶本の、結果を残す営業術

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
  • facebookでシェアする
  • はてブ
  • google+

毎週水曜日配信、「元不動産営業マン梶本の、結果を残す営業術」





業界歴21年、不動産会社専門コンサルタント 梶本幸治さんが、デキる営業の心得、成功している不動産会社の特徴を紹介します。


今回は、追客手段として使っているメールで、お客から返信が来る方法を伝授します。(スマイスターMagaZine編集部)




(画像=写真AC)


お客さんに何回メールを送っても返信がない!どうなっているんだ!

と、イライラした経験がある営業担当者は多いはず。

不動産を買いたいお客様や売りたいお客様へ送ったメールに、毎回ちゃんと返信がありますか?


営業研修などに行くと「メールのお客さんにはメールで返信が鉄則」「いきなり電話を掛けることはNG」などと教えられ、その通り追客しても…お客様からの返信は全くなし!また、研修の講師が教えてくれた「丁寧なメール」のひな型を真似してみても…お客様からの返信は全くなし!

これでは疲れてしまいます。


では、不動産営業でお客様から返信が来るメールのひな型があるとすれば、あなたは見てみたいですか?


それでは、「不動産営業でお客様から返信が来るメール」のひな型を公開しましょう。



━ひな型:不動産営業でお客様から返信が来るメール━━━━━━━━━━━━

大変お世話になっております。○○不動産の○○です。

今年の3月13日以来、今回で4通目のメールをお送りさせておりますが、○○様よりご返信を頂けない状況に不安を感じております。

私は、自分自身が気づかないところで○○様のご不興を被るような行いをしてしまったのでしょうか。

ひょっとすると、過去3回に渡りメールを差し上げたことが「しつこい」とお感じになったのでしょうか。

万一、○○様が今後、弊社からのメールによるご提案や、情報のご提供を望んでいらっしゃらないのであれば、本メールの返信に「メール不要」とだけお書き頂きご返信ください。

宜しくお願い申し上げます。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


上記、ひな型の感想はいかがですか?


「えっ!こんなメールってアリかよ!」

「返信がもらえるメールのひな型って言うから読んでみたのに…なんだこれは?」

「こんなメールのひな型…不動産営業実務では使えないよ~。」


あなたが戸惑われるのももっともです。

しかし、このひな型を使うと、割と返信が来るものなのです。

このひな型のようなメールを受け取ったお客様からは、次のような返信が寄せられがちです。


すみません。バタバタしていてメールの返信ができませんでした。また、情報は送ってください」「興味のある情報の時だけ、返信すれば良いと思っていました。今後とも宜しくお願いします


お客様は「読んではいるけれど、返信の必要性を感じていなかった」ことがよく分かります。つまり、「返信の必要性を感じられるメール」を送れば、お客様からの返信も増えることになりますね。


このひな型を通して理解してほしい点は、“本メールの返信に「メール不要」とだけお書き頂きご返信ください。”のように、お客様に返信を促す文言を挿入する重要性です。


相手の行動を促したい場合は、「こちらから誘導すること」が大切です。

この考え方は、「不動産営業でお客様から返信が来るメール」だけでなく、ダイレクトメールやホームページ、チラシなどにも当てはまりますので覚えておいてください。



【注意】

上記、「不動産営業でお客様から返信来るメール」ひな型は、考え方をご理解いただくために掲示したものであり、実際の営業現場での効果を保証するものではございません。また、同ひな型ご利用により発生した問題に関して、一切の責任を負いかねますのでご了承ください。



■本日の格言

・お客からメールの返信をもらうには、返信を誘導するような文言を入れるべし!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

閲覧数 913

  • LINEで送る
  • facebookでシェアする
  • はてブ
  • google+

本サイトに掲載されているコンテンツ (記事・広告・デザイン等)に関する著作権は当社に帰属しており、他のホームページ・ブログ等に無断で転載・転用することを禁止します。
引用する場合は、リンクを貼る等して当サイトからの引用であることを明らかにしてください。なお、当サイトへのリンクを貼ることは自由です。ご連絡の必要もありません。

このコラムニストのコラム

menu

不動産売却なら最大6社にて比較

不動産を高く売却するなら
最短45秒の入力で、
全国1,400社以上の
不動産会社が対応!

最短45秒で
不動産売却価格を査定

  • STEP1
  • STEP2
  • STEP3
  • STEP4

個人情報の保護

attention 本サービスは売却検討中の方向けの、不動産会社に査定依頼ができるサービスです。

attention 査定依頼後、不動産会社より連絡があります。

Service list サービス一覧